Visitors since November 21, 2010
Today: /Yesterday: Visitors
© 2010 Kengo Tachibana
Created: December 11, 2010
Last modified: February 26, 2021
E-mail

目次

kentalogo01.jpg    

ball_magenta2.gif 新着情報
  • [2021.02.24] 2月9日(火)、旧三瀬街道経由(ごく一部)で西山に登った際、この旧街道に興味を抱いた。そこで、曲淵近くの「飯場宿」旧街道を歩いた。これは登山ではなく、ウオーキングである。
  • [2021.02.20] 6歳の孫娘を連れて、福の浦越登山口から立石山に登った。その前に、足慣らしのため、一ノ岳登山道(実は林道)のスイセンの群生を観賞した。
  • [2021.02.09] 福岡市西区の金武から飯場峠を越え曲淵に通じる旧三瀬街道と、その途中に登山口のある西山に興味を抱いた。そこで、2月9日(火)、西山に登った。思っていたよりかなりきびしい山登りだった。
  • [2021.02.07] 先週に続き、荒平山に登った。今回は早良の脇山登山口から時計回り周回の軽登山である。
  • [2021.02.01] 油山山地の荒平山に登った。この山は、早良の「城ノ原林道」終点脇山登山口から登ることが多かったが、今回は久し振りに徳栄寺から往復した。近頃の山行に比べ歩行距離が長く(11km少々)、かなりきつかった。
  • [2021.01.21] 2021年(新型コロナ2年)最初の山歩きはお馴染み糸島・二丈の二丈岳にした。二ヶ月ぶりの登山で少々きつかったが、最高の天気に恵まれ、楽しかった。
  • [2021.01.01] 2020年の「山行一覧」と「今月の花」はそれぞれのウェブページに記載した。昨年は新型コロナウィルス禍のため山行数が少なめだった。今年も正月からしばらく(数日か、数週間か、数ヶ月間か?)その感染者数が増え続け、収束するのがいつになるかさっぱり分からない。そのため、春過ぎ頃まで気楽に山登りができそうもないが、私の場合自家用車での移動、単独山行がほとんどなので、山に入れば「密」を避けられるから、適度の山歩きを楽しみたいと思っている。
ao1.gifこのページのトップへ戻る
ball_magenta2.gif 山行一覧―2021年―
  • 注1:茶色のNo.山名は『九州百名山地図帳』(2011年5月10日 山と渓谷社)。
  • 注2:赤色のNo.山名は『日本百名山 上・中・下』(2011年7月4日 山と渓谷社)。
  • 注3:ピンクの山名・旅行名は海外。
  • 注4:月日(曜日)をクリックすると、詳しい「山行記録」ページが開きます。
  • 注5:赤の「月日(曜日)」は「山行記録」ページなし。
  • 注6:上のものほど新しい山行。
  • 注7:月日(曜日)の後の「」印しは、登山記録にトラックデータ(カシミール3D GDBファイル)とトラックグラフ(距離・標高)を加えたページ。
  •                              
    2021年
    月・日(曜日)
    山行名・山名・旅行名
    県名/山地・山群・地域など
    備考
    2月24日(水) 旧三瀬街道・飯場宿
    福岡県/福岡市・早良区
    旧三瀬街道・飯場宿外れ駐車地から県道56号横断すぐ先林道ゲート旧三瀬街道道標まで往復、ウオーキング
    2月20日(土) 立石山
    福岡県/糸島市・糸島半島
    一ノ岳登山道(林道)のスイセン観賞と福の浦越立石山登山口から往復
    2月9日(火) 西山、旧三瀬街道
    福岡県/福岡市早良区・西区
    福岡市西区金武旧三瀬街道駐車地から、旧三瀬街道経由往復
    2月7日() 荒平山
    福岡県/福岡市、油山山地
    林道城の原線終点・脇山登山口から時計回り周回
    1月31日() 荒平山
    福岡県/福岡市、油山山地
    徳栄寺境内手前駐車地から、一部時計回り周回往復
    1月20日(水) 二丈岳
    福岡県/糸島市・二丈
    真名子木の香ランド駐車場から往復

ao1.gifこのページのトップへ戻る


ball_magenta2.gif 地域別山行一覧
  • 九州

ao1.gifこのページのトップへ戻る


ball_magenta2.gif 今月の花―2021年―
    (:各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)