山行記録

十坊山

南登山口から

―2018年1月6日(土)―

ao4.gifホームページへ戻る

ao4.gif「山行記録―佐賀県―」へ戻る


© 2018 Kengo Tachibana
Created: January 07, 2018
Updated: January 07, 2018


ball_magenta2.gif 山行概要
  • 山名(読み方、標高):十坊山(とんぼやま、535.5m)
  • 県名/山地・山群・地域など:佐賀県・福岡県/背振山地
  • 山行期日:2018年1月6日(土)
  • 山行形態:単独、日帰り
  • 日程
    • 移動:福岡⇒[県道49号、日向峠経由]⇒深江⇒[かもめロード]⇒吉井IC⇒[県道143号]⇒大白木⇒[町村道、林道]⇒13:25十坊山南登山口
    • 十坊山登山:14時〜15時10分
    • 移動:往路と同じルート、逆コース
  • 日誌
    • 年が明け、正月三が日も過ぎ、最初の山歩きをどこにするか考えた。6日(土)、いい天気だ。午後から登れそうな山として、昨年末登った十坊山に行ってみることにした。南登山口から林道を歩き、前回確認した大白木越経由、西の登山道を通って山頂まで行き、下山は林道と南登山道ということにした。ついでに、大白木越西の410mピークに足を延ばし、そこから分岐する南西登山口と七曲峠への二つの登山道口、また、地図で南西登山口辺りからそこまで延びている林道先端も調べた。
    • 大白木へ向かう途中の白木峠で、下山中の年配カップルを見かけただけで、山中では他の登山者を一人も見かけなかった。晴天の青空の下、十坊山山頂独り占め、辺りの景色を楽しんだ。
    • 未だ未確認の林道と登山道がはあるが、今回で佐賀県側十坊山南面の登山口へのアプローチと山頂までの林道と登山道をおおむね把握できた。詳細は下の「資料」に記している。

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ball_magenta2.gif 資料 ―十坊山南面アプローチおよび登山道―
  • アプローチおよび登山道地図
  • (注1)クリックで、別ウィンドウ拡大地図。
    (注2)2017年12月19日(火)十坊山(別ウィンドウ)「資料」の「アプローチおよび登山地図」参照。

  • 十坊山南面の登山口と登山道について
    • 【登山口】
    • 登山口は上の地図にあるように、南登山口と南西登山口である。南登山口は昨年末確認し、そこから登った。南西登山口は昨年末確認しようとしたが、ついに分からなかった。ところが、あるサイトの記事でこの登山口は浜玉側の「南西登山口」道標分岐から林道に入ってすぐの支尾根取り付きであると明記されていた。ただし、その標識や道標がないとのことで、そのため見過ごしていたようだ。
    • ところで、昨年末12月15日(金)城山(浜玉)山行のついでに行った「十坊山南登山口」アプローチ調査の際、大白木側南登山口への林道分岐にある「南西登山口」の道標のことが分からなかったのだが、その南西登山口が明確になった結果、この道標が示しているのは南登山口の林道の方向ではなく、南西登山口への町村道の方向であることが分かった。それならば、ここには「南登山口」への道標も設置してもらいたいと思う。その二つの登山口への分岐ということがはっきりするからである。
    • 南登山口から先の林道を行くと林道が分岐している。右は山頂直下まで延びており、左は林道終点である。そこには「大白木越へ」という道標があり、その先は登山道であることを示している。そこで、下の「コース地図」ではこの終点を「大白木越登山口」とした。
    • 【登山道】
    • 昨年末12月19日(火)、南登山口から山頂までの登山道と、山頂直下の林道終点までの林道(および途中の分岐からその終点=大白木越登山口)は実際に歩いて確認していた。今回は南登山口から大白木越登山口まで林道歩き、そこから先、初めて大白木越の峠経由で西の尾根を山頂まで登った。
    • まず大白木越登山口から大白木越までであるが、道は短く平坦であるものの、登山道は不明確である。最初の、孟宗竹の茂る区間はまだしも、その先は踏分も分からず、道を間違えてしまった。その詳細は下の「登山記録」の「登山状況」参照。
    • 大白木越から右折して十坊山へ向かわず、左(西)の410mピークに寄った。そのピークから南西登山口と福岡県側の七曲峠への登山道(上の地図、410mピークからの2本のピンク点線)、および南西登山口すぐ先に通じる林道(ブルー点線)が分岐しているはずであり、それらを確かめておきたかった。
    • 南西登山口への下山口には幅広赤テープがあり、それを頼りに下りられそうだ。一方、七曲峠方面へは踏分らしき跡はあるがテープなどは見当たらない。ただ、二つとも歩く人は極めて少ないようで、明確な登山道ではない。また林道は、その先端らしき気配はあるものの全体はっきりしない。この林道の、南西登山口近くの分岐は昨年12月19日確認したが、荒れ果てていて到底入る気がしなかった。ということで、もしもこのピークを経由して十坊山に登るとすれば、南西登山口から支尾根の登山道を通るコースだけが可能であろうと思われる。
    • 大白木越から十坊山山頂広場まで急傾斜の直登である。標高差は130mほどだが、きつかった。それに登山道らしきものはなく、幅広赤テープや植林の桧に巻き付けたテープ(古くて剥がれたものも多い)を見つけながら登った。急坂の上ザレ場の道で難儀する。道の傾斜が緩み、空の開けた山頂広場が上の方に見えた時、ほっとした。この登山道は快適とは言えないということが確認できた次第である。

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ball_magenta2.gif 十坊山登山記録
  • 天候:晴
  • 行程:南登山口から、大白木越経由、時計回り周回、全行程2時間10分、実歩行1時間40分、休憩等30分
  • コース地図・時間


  • 南登山口13:35→[林道歩き、10分]→13:45大白木越登山口→[大白木越までの区間1.5往復、40分]→14:25大白木越西410mピーク(軽食)14:40→[西の尾根登山道、35分]→15:15十坊山15:30→[林道歩き、約10分]→林道出合→[南登山道、約5分]→15:45南登山口

  • 登山状況
    • 南登山口から林道分岐地点までは比較的道の状況はよく、車も乗り入れられる。しかし時間は7分前後しかかからないから、歩いた方がいい。大白木越登山口までの林道は草が茂り、道も使われていないようで、その終点に近づくと大変荒れている。車はUターンできないので乗り入れるべきではない。
    • 「大白木越へ」という道標を右に見て、登山道へ入る。50〜60mほど、植林に孟宗竹の混じる区間を進む。道は踏分が分かる程度で、あまり人が通らないことを物語っている。踏分がこの区間の先と比べいくぶんはっきりしているのは、4月末から5月初めにかけタケノコ堀で人が入るためかも知れない。
    • その先道は荒れ、道が分からなくなった。地形図でほとんど平坦なトラバースの道ということが分かっていたので、踏分のようなところを探りつつ進む。引き返す時のことを考え、木の枝や灌木に赤テープの目印を付けた。林床に雑草の生い茂る植林の中を抜けると、手入れされたと思われる植林帯になる。しかし、依然としてテープもなければ登山道らしき踏分もない。そのままほぼ水平に歩いた。GPSの地図を見ると、尾根の登山道に出合うはずだ。やがて木の幹に数個所テープが巻かれた箇所が見えた。尾根登山道だ。左下に道標が見える。ということは、大白木越の少し上の登山道に出合ったことになる。正規登山道はこの峠とT字交差するはずである。それを確かめるため、大白木越へ下りた。
    • 道間違い区間
    • 大白木越は予想通りT字三差路で、道標には「南登山口・大白木へ(つまり大白木登山口へ)」、「谷口・大白木へ(つまり、410mピークを経て南西登山口へ)」、「(十坊山)山頂へ」の指示がある。そして、確かに木の幹に
      テープを巻き付けた目印のある正規登山道が大白木越登山口の方へ延びている(踏分も少し明確)。来た道は正規の道のやや上を並行していたことになる。間違った道に目印のテープを付けてきたことになるから、それを取り除くため正規登山道を間違い地点まで引き返した。その際、正規登山道の目印テープが古く不鮮明、また少々分かりにくいので適当に木の幹に赤テープを巻いた。その後再び来た道を、テープを剥がしながら峠へ戻った。というわけで、この区間1.5往復して時間をくったが、片道だけならば15分もかからないだろう。また、間違え道でもよかったと思う。分かりにくさ、歩きやすさ、時間など正規の道とほとんど変わらないから。ただ、水平に歩けばいい。
    • 大白木越から西の410mピークへ行った。南登山口の標高は390mだから、その差わずか20m、ここまで道はほぼ平坦である。ピークではそこからの登山道下山口や林道先端の状況など調べた。少し開けた広場があり、日も射していたので、行動食を摂り15分休憩した。
    • 大白木越から山頂まで急坂・直登、きつい。登山道らしきものはなく、踏分も全く分からない、所々見える幅広赤テープの目印だけが頼りだ。しかし、おおむね尾根筋を登れば迷うことはないだろう。また、ザレ場が続き難儀する。もう少し登山道整備がなされれば、さらに、眺望を得るため410mピークや峠、登山道の途中の適当な箇所の木々が切り払われれば、案外楽しい登山道になるかも知れない。現状のままだと、人にお勧めできるコースではないことが分かった。
    • 山頂では、晴天、一人っきりで静か、15分楽しく過ごした。下山は林道、南登山道を通り、15分で南登山口に着いた。

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ball_magenta2.gif アルバム
:各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    20180106_tonboyama_001.jpg
    20180106_tonboyama_001.jpg
    十坊山南登山口
    右:登山口、左:林道
     
    20180106_tonboyama_002.jpg
    20180106_tonboyama_002.jpg
    登山口の道標
     
     
    20180106_tonboyama_003.jpg
    20180106_tonboyama_003.jpg
    左の林道へ
    南面、陽当たりがよく、明るい
     
    20180106_tonboyama_004.jpg
    20180106_tonboyama_004.jpg
    この分岐までは車進入可、左へ
    右は山頂直下まで通じているが
    進入すべきではない
     
    20180106_tonboyama_005.jpg
    20180106_tonboyama_005.jpg
    左の林道の先
    使われている気配がない
     
     
    20180106_tonboyama_006.jpg
    20180106_tonboyama_006.jpg
    林道終点
     
     
     
    20180106_tonboyama_007.jpg
    20180106_tonboyama_007.jpg
    道標
    登山道のある証拠だ
     
    20180106_tonboyama_008.jpg
    20180106_tonboyama_008.jpg
    孟宗竹が繁る植林帯の中
    荒れた登山道が見える 
     
    20180106_tonboyama_009.jpg
    20180106_tonboyama_009.jpg
    ムラサキシキブ
    ピンぼけです
     
    20180106_tonboyama_010.jpg
    20180106_tonboyama_010.jpg
    荒れている、この辺りで道を見失った
    所々赤テープをくくりつけ進む
     
     
    20180106_tonboyama_011.jpg
    20180106_tonboyama_011.jpg
    やがて手入れされた植林帯にでる
    明るく、見通しがきく
     
     
    20180106_tonboyama_012.jpg
    20180106_tonboyama_012.jpg
    大白木越、道間違いに気づいた
    正規の道を間違い地点に引き返し
    テープを剥がしながら、ここに戻った
     
    20180106_tonboyama_013.jpg
    20180106_tonboyama_013.jpg
    西の410mピークまで行ってみた
    ここがピークらしい
     
    20180106_tonboyama_014.jpg
    20180106_tonboyama_014.jpg
    南に幅広赤テープがある
    南西登山口への登山道を示す
     
    20180106_tonboyama_015.jpg
    20180106_tonboyama_015.jpg
    こちらは西、七曲峠への登山道
    その間に林道の痕跡があった
     
    20180106_tonboyama_016.jpg
    20180106_tonboyama_016.jpg
    大白木越に戻り、西登山道を登る
    急坂、直登、きつい
     
    20180106_tonboyama_017.jpg
    20180106_tonboyama_017.jpg
    登山道は不明確、なきに等しい
    この幅広赤テープに頼り、登る
     
    20180106_tonboyama_018.jpg
    20180106_tonboyama_018.jpg
    道標発見
    道は間違っていないようだ
     
    20180106_tonboyama_019.jpg
    20180106_tonboyama_019.jpg
    岩に腰掛け、一休み
    下を見ると、傾斜のきつさが分かる
     
    20180106_tonboyama_020.jpg
    20180106_tonboyama_020.jpg
    坂が緩む
    先に山頂広場が見える
     
    20180106_tonboyama_021.jpg
    20180106_tonboyama_021.jpg
    開けた広場に飛び出した
    陽がさんさんと降り注ぎ、気が晴れる
     
    20180106_tonboyama_023.jpg
    20180106_tonboyama_023.jpg
    山頂から、北の眺め
    玄界灘と糸島半島
     
    20180106_tonboyama_024.jpg
    20180106_tonboyama_024.jpg
    東の眺め
    右から、浮岳、女岳、二丈岳
     
    20180106_tonboyama_025.jpg
    20180106_tonboyama_025.jpg
    手前左:福吉港、右:大入港
     
     
    20180106_tonboyama_026.jpg
    20180106_tonboyama_026.jpg
    北西の眺め
    遙か彼方、壱岐
     
    20180106_tonboyama_027.jpg
    20180106_tonboyama_027.jpg
    西、鏡山、虹ノ松原
     
     
    20180106_tonboyama_028.jpg
    20180106_tonboyama_028.jpg
    南手前、城山
     
     
    20180106_tonboyama_029.jpg
    20180106_tonboyama_029.jpg
    山頂にて
     
     
    20180106_tonboyama_030.jpg
    20180106_tonboyama_030.jpg
    山頂から15分で南登山口に戻った
     
     

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ao4.gifホームページへ戻る

ao4.gif「山行記録―佐賀県―」へ戻る