山行記録

宮崎霧立越往復縦走

白岩山・水呑の頭・扇山

―2017年5月19日(金)〜20日(土)―

ao4.gifホームページへ戻る

ao4.gif「山行記録―宮崎県―」へ戻る


© 2017 Kengo Tachibana
Created: May 21, 2017
Updated: May 23, 2017


ball_magenta2.gif 山行概要
  • 期日:2017年5月19日(金)〜20日(土)
  • 山名(読み方、標高):白岩山(しらいわやま、1620m、九州百名山)、水呑の頭(みずのみのかしら、1646.4m)、扇山(おうぎやま、1661.3m、九州百名山)
  • 県名/山地・山群・地域など:宮崎県/椎葉・九州中央山地
  • 山行形態:単独、山小屋泊1泊2日
  • 全日程
    • 第1日目 2017年5月19日(金)
      • 移動:福岡から、馬見原経由、ゴボウ畠白岩山登山口まで
      • 霧立越往き:ゴボウ畠白岩山登山口から扇山山小屋まで、および扇山登山
      • 宿泊:扇山山小屋
    • 第2日目 2017年5月20日(土)
      • 霧立越戻り:扇山山小屋からゴボウ畠白岩山登山口まで
      • 移動:ゴボウ畠白岩山登山口から、往路とほぼ同じ経路、福岡まで
  • 備考
    • 10日前に霧立越縦走のための下見も兼ね、白岩山・水呑の頭と扇山を別々の登山口から登った。この縦走は秋に行う予定であったが、数日いい天気が続くので、2日かけて往復縦走することにした。山の花たちのその後も少し気がかりだった。
    • 幸い2日とも大変いい天気で、非常に快適な縦走ができた。また往き、戻りそれぞれ1日だったので、時間は十分あり、重いリュック(約16kg前後)を背負い、マイペースでゆっくり、花を愛で、景色を楽しみながら歩いた。
    • 特記すべきは扇山山小屋の快適さである。今回よくよく見てみると、基礎部分の危険箇所は修理がなされ、トイレの目隠しの板塀も新しく作られたようだ。その他新たな塗装の跡も明らかだ。一晩泊めてもらって、この山小屋のよさを思い知った。この山小屋は立派できれいだが、何より無人の山小屋としては非常に贅沢な造りであると思う。2間(3600mm)×3間(5400mm)、つまり6坪(12畳)の広さがあり、屋根が高く大きな空間である。土間はタイル張り、板の間が大小二つあり、その間の土間に囲炉裏が設えてある(下の画像No.069〜No.072を見てください)。
    • 板の間には合計5人寝床を敷ける(狭い方に1人、広い方に4人)。この空間に5人、しかも囲炉裏つき、これは贅沢である。例えばロフトを横長(3間)に一段作ればそこに悠悠と6人は泊まれるはずである。しかし、そんなことはせず、ゆったりとした
      空間が確保され、ここで過ごす人に豊かさを感じさせるのである。
    • 4面に縦90cm×横180cmの窓があり、非常に明るく、窓を開ければ風が吹き抜ける。そのため、囲炉裏で火を焚いても、窓を開ければ煙はたちまち外へ出て行く。実はうかつにも今回、私はガスボンベを忘れてきたのだが、この囲炉裏のおかげでたっぷりお湯を沸かすことができて助かった。火を焚く材料は小屋の周辺にいくらでもある。大小の枯れた木の枝、枯れ葉のついた杉の小枝など。新聞紙1/4ページもあれば、すぐ火を熾せる。それに焚き火は何とも懐かしい。日が暮れて辺りが真っ暗闇になる。電気のランタンを消し、焚き火の炎の揺らぐ明かりの中、熱いお茶を淹れて飲むのは、えも言われぬ心地よさであった。ただ、木が燃え尽きた後、この熾(おき)で炙った味噌田楽などを肴に飲めばうまいだろう、などと思ったりした(その時、ビーフジャーキーをかじりながらお湯割りの焼酎を飲んでいたのだが)。
    • この扇山小屋での一夜と、快晴の下での2日かけての霧立越往復縦走は、非常に印象深い山登りの思い出の一つになった。
    • 霧立越情報 >> kiritachi-net

ao1.gifこのページのトップへ戻る


ball_magenta2.gif 第1日目 2017年5月19日(水) 白岩山登山口から扇山山小屋
  • 概要
    • 天候:晴
    • 移動:福岡05:30⇒[福岡都市高速、九州自動車道(途中北熊本SAにて朝食)]⇒御船IC⇒[国道445号・443号・218号]⇒馬見原⇒[国道265号]⇒本屋敷⇒[町道、カシバル峠経由]⇒08:10白岩山ゴボウ畠登山口
    • 霧立越往き:ゴボウ畠白岩山登山口から扇山山小屋まで、8時25分〜14時50分、全行程6時間25分、実歩行4時間50分
    • 扇山登山:扇山山小屋から往復、15時20分〜16時30分、全行程1時間10分、実歩行55分
    • 夕食:18時
    • 就寝:21時
    • 宿泊:扇山山小屋
  • 霧立越往きおよび扇山登山記録:コース地図・時間
  • 【霧立越往復全図および扇山登山地図】
    注1:通常の地図とは異なり90度反時計回り回転、左が北。
    注2:クリックで、別ウィンドウ拡大地図。
    注3:上の地図と下の標高表の距離数が異なる。地図は水平距離、標高表は実際の距離(斜度のため水平距離より長い場合がある)。


    ゴボウ畠登山口08:25→[30分]→08:55白岩峠(杉越)09:05→[20分]→09:25白岩山岩塊基部(ヤマシャクヤク観賞)09:35→[25分]→10:00水呑の頭(木浦山の方へ進みシャクナゲ観賞)10:20→[1時間5分]→11:25見晴しの岩(昼食)12:10→[20分]→12:30馬つなぎ場→[45分]→13:15休憩13:25→[35分]→14:00平家ブナ→[50分]→14:50扇山山小屋15:20→[30分]→15:50扇山16:05→[25分]→16:30扇山山小屋

  • 日誌
    • ゴボウ畠白岩山登山口から8時25分スタート、この日の目的地扇山山小屋を目指す。約16kgあまりの重いリュックを担いでの山歩きなので、穏やかな霧立越とはいえ、登山案内書記載の所要時間の1.5倍〜2倍、全行程7時間の予定である。くじゅう・坊ガツルキャンプ山行屋久島・宮之浦岳縦走の時と同じく、この年齢では当然のことであるが、ゆっくりペースが肝要である。
    • 実際はこの予定より約30分早く扇山山小屋に着いた。30分ほど山小屋で休憩後、扇山に登った。デイパックを背負って往復したが、荷が軽く楽、後は山小屋で泊まるだけ、時間はたっぷりある、シャクナゲがまだ一杯咲いている、というわけで、この1時間10分の山登りは楽しかった。
    • 霧立越往きの模様については下の画像とキャプションを見ていただくとして、特に触れておきたいのは、以下の諸点である。
      1. 今回の霧立越縦走はゴボウ畠白岩山登山口から扇山往復であるが、白岩峠・扇山山小屋間の縦走路は昭和初期頃まで
      人馬が通った道で(部分的に異なるようだが)、全体穏やかで急坂はなく、非常に歩きやすい。
      2. 全コース尾根筋の道である。しかし、尾根のピークは通らず、その山腹をトラバースして、できるだけ平坦な道になるよう作られている。そのため、ピーク間の鞍部は尾根を通るが、他は尾根の両側・東西の山腹を縫うように横に延びている。
      3. 霧立越は九州山地・脊梁の自然林の中の道である。その自然林は他の脊梁の山々と同じく広く、大きく、深い。特にブナの大木が多い(そのためオニクワガタが棲息しているのだろう)。
      4. この地域では、白岩山のヤマシャクヤク、水呑の頭先のシャクナゲ群生地、扇山のシャクナゲなどが有名である。それらの花を観賞するために多くの人たちがこの山域を訪れる。それはそれとして、しかし、今回最も印象的だったのは全域に咲くミツバツツジであった。私は、霧立越の花はミツバツツジであると思う。およそ9km歩く間、この花に癒やされることが多かった。

  • アルバム
  • :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    【霧立越往き@ ゴボウ畠登山口から水呑の頭まで】

    20170519_001.jpg
    20170519_001.jpg
    カシバル峠、スキー場駐車場から
     東の山並、祇園山、揺岳などだろう 
    20170519_002.jpg
    20170519_002.jpg
    ゴボウ畠登山口
     
    20170519_003.jpg
    20170519_003.jpg
    白岩峠への登山道にて
    早くもミツバツツジ
    20170519_004.jpg
    20170519_004.jpg
    白岩峠
    登山届記帳
    20170519_005.jpg
    20170519_005.jpg
    初めて晴天の下、歩く
    やはり気持ちがいい
    20170519_006.jpg
    20170519_006.jpg
    ミツバツツジが多い
    次々と登山道を飾る
    20170519_007.jpg
    20170519_007.jpg
    軽快に歩く
    ゴツンゴツンと音がした
    20170519_008.jpg
    20170519_008.jpg
    幼虫の研究調査のナタの音だった
    某大学の学生さん二人
    20170519_009.jpg
    20170519_009.jpg
    研究対象は
    オニクワガタ(Prismognathus angularis)
    20170519_010.jpg
    20170519_010.jpg
    白岩山岩峰手前
    鹿除けネットゲート
    20170519_011.jpg
    20170519_011.jpg
    ゲートを開けて中に入る
    必ず閉める
    20170519_012.jpg
    20170519_012.jpg
    道が二手に分かれる
    左の岩峰基部の道へ
    20170519_013.jpg
    20170519_013.jpg
    ヤマシャクヤク
     
    20170519_014.jpg
    20170519_014.jpg
    きれいだ
     
    20170519_015.jpg
    20170519_015.jpg
    辺り一帯群生地
     
    20170519_016.jpg
    20170519_016.jpg
    山腹を緩やかに登る
     
    20170519_017.jpg
    20170519_017.jpg
    水呑の頭分岐
    左の山腹を登る
    20170519_018.jpg
    20170519_018.jpg
    山頂の見事なミツバツツジ
    朝日を浴びて輝いている
    20170519_019.jpg
    20170519_019.jpg
    山頂から先へ下ると
    シャクナゲ群生地だ
    20170519_020.jpg
    20170519_020.jpg
    まだまだ咲いていた
     
    20170519_021.jpg
    20170519_021.jpg
    水呑の頭にて
    地理院地図ではここが「白岩山」

    【霧立越往きA 水呑の頭から扇山山小屋まで】

    20170519_022.jpg
    20170519_022.jpg
    分岐に戻り
    先へ進む
    20170519_023.jpg
    20170519_023.jpg
    水場の道標
    だが、水の補給は不要なので通過
    20170519_024.jpg
    20170519_024.jpg
    尾根をトラバース
    山腹を横になだらかに下る
    20170519_025.jpg
    20170519_025.jpg
    この白い花もよく見かけた
    何だろう?
    20170519_026.jpg
    20170519_026.jpg
    自然林の中を歩く
    木漏れ日が心地よい
    20170519_027.jpg
    20170519_027.jpg
    小屋場古道分岐
    尾前分岐とも言うらしい
    20170519_028.jpg
    20170519_028.jpg
    鞍部、尾根筋の縦走路
     
    20170519_029.jpg
    20170519_029.jpg
    ここにもミツバツツジ
     
    20170519_030.jpg
    20170519_030.jpg
    道の上に咲くミツバツツジ
     
    20170519_031.jpg
    20170519_031.jpg
    灰木の頭
    ちょっとしたピークらしい
    20170519_032.jpg
    20170519_032.jpg
    西側の展望が開ける
     
    20170519_033.jpg
    20170519_033.jpg
    見晴しの岩登り口
     
    20170519_034.jpg
    20170519_034.jpg
    岩の上に出てみる
     
    20170519_035.jpg
    20170519_035.jpg
    九州脊梁山稜の大展望
    国見岳など
    20170519_036.jpg
    20170519_036.jpg
    左手(南)彼方
    左は市房山、右は馬口岳・江代山か
    20170519_037.jpg
    20170519_037.jpg
    道を挟んで岩の反対側で昼食
     すぐ側にシャクナゲが群生していた 
    20170519_038.jpg
    20170519_038.jpg
    花見をしながらお弁当
    最高の贅沢だ
    20170519_039.jpg
    20170519_039.jpg
    岩から下って行っても
    いくらか展望が得られる
    20170519_040.jpg
    20170519_040.jpg
    やがてまた森の中
     
    20170519_041.jpg
    20170519_041.jpg
    開けた場所に着いた、馬つなぎ場だ
    馬を休ませたり、野営したのだろう
    20170519_042.jpg
    20170519_042.jpg
    休まず先へ
     
    20170519_043.jpg
    20170519_043.jpg
    巨大な二本ブナ
     
    20170519_044.jpg
    20170519_044.jpg
    やがて「三方界古道分岐」
    尾前の三方界へ下る古道の分岐だ
    20170519_045.jpg
    20170519_045.jpg
    右が古道、三方界へは約800m下る
    今は使われていないらしい
    20170519_046.jpg
    20170519_046.jpg
    尾根に沿って縦走路を進む
     
    20170519_047.jpg
    20170519_047.jpg
    平坦な道で歩きやすい
    こんな箇所はストレス全くなし
    20170519_048.jpg
    20170519_048.jpg
    やがて平家ブナに至る
    扇山山小屋まであと1500mだ
    20170519_049.jpg
    20170519_049.jpg
    緩やかに登る
     
    20170519_050.jpg
    20170519_050.jpg
    脊梁南部の山々の姿が明確になる
     
    20170519_051.jpg
    20170519_051.jpg
    いかにも手つかずの自然林の感じ
     
    20170519_052.jpg
    20170519_052.jpg
    時々シャクナゲも顔を見せてくれる
     
    20170519_053.jpg
    20170519_053.jpg
    残念なことにスズタケが枯れている
    探してみたが、タケノコの新芽はなし
    20170519_054.jpg
    20170519_054.jpg
    空が広く大きく開けた
    伐採地だ
    20170519_055.jpg
    20170519_055.jpg
    巨大な倒木が道をふさいでいた
    これは迂回する
    20170519_056.jpg
    20170519_056.jpg
    直線的だが、ごく軽い上りの道
     
    20170519_057.jpg
    20170519_057.jpg
    やがて縦走目的地の山小屋が見えた
    30分ほど休憩後、扇山往復だ

    【扇山往復と扇山山小屋】

    20170519_058.jpg
    20170519_058.jpg
    ここから扇山登山は
    花に見守られているような気分
    20170519_059.jpg
    20170519_059.jpg
    次から次へとシャクナゲが現れる
     
    20170519_060.jpg
    20170519_060.jpg
    満開の花
     
    20170519_061.jpg
    20170519_061.jpg
    すでに盛りを過ぎたような花たち
     
    20170519_062.jpg
    20170519_062.jpg
    この岩場をひと登りで山頂
     
    20170519_063.jpg
    20170519_063.jpg
    山頂もシャクナゲの乱舞のごとき風情
    この山頂を独り占めさせてもらった
    20170519_064.jpg
    20170519_064.jpg
       これはシャクナゲの挿し木なのか  
     
    20170519_065.jpg
    20170519_065.jpg
    5月14日(日)、扇山山開き
    その神事の跡と思われる
    20170519_066.jpg
    20170519_066.jpg
    扇山山頂にて
     
    20170519_067.jpg
    20170519_067.jpg
    西側の眺め
     
    20170519_068.jpg
    20170519_068.jpg
    東側の眺め
     
    20170519_069.jpg
    20170519_069.jpg
    扇山山小屋、土間の囲炉裏
    火を焚いてお湯を沸かした
    20170519_070.jpg
    20170519_070.jpg
    ガスボンベを忘れたので
    囲炉裏は助かった
    屋内も暖かく、気温23℃
    20170519_071.jpg
    20170519_071.jpg
    板の間、寝床など
    スペースは有り余るほど
     
    20170519_072.jpg
    20170519_072.jpg
    小屋内部全景
    一人で贅沢に使わせてもらった
     

ao1.gifこのページのトップへ戻る


ball_magenta2.gif 第2日目 2017年5月20日(土) 霧立越戻り
  • 概要
    • 天候:晴
    • 起床:4時
    • 朝食:5時
    • 霧立越戻り:扇山山小屋からゴボウ畠登山口まで、6時30分〜12時45分、全行程6時間15分、実歩行5時間
    • 移動:ゴボウ畠白岩登山口12:55⇒[往路と同じ、ただし、九州中央自動車道小池高山ICから自動車道、途中美里「佐俣の湯」温泉入浴]⇒16:20福岡
  • 霧立越戻り記録:コース地図(上の地図参照)・時間

  • 扇山山小屋06:30→[40分]→07:10平家ブナ07:20→[40分]→08:00二本ブナ→[20分]→08:20馬つなぎ場08:40→[20分]→09:00見晴しの岩09:10→[1時間35分]→10:45水呑の頭分岐→[40分、山頂岩塊ヤマシャクヤク観賞など]→11:25白岩山(昼食)12:00→[45分]→12:45ゴボウ畠登山口

  • 日誌
    • この日、霧立越戻り、扇山山小屋からゴボウ畠白岩山登山口まで歩く。来た道を戻るわけだから退屈と思われるかも知れないが、そんなことはない。戻りにはまた別の景色と味わいがあ
      る。ただ、急がないこと。ゆっくり時間をかけ、あらためて深山の自然の気を感じることが歓びに通じるのではないだろうか。

  • アルバム
  • :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    20170520_001.jpg
    20170520_001.jpg
    時間をかけて清掃し
    扇山山小屋を後にした
    20170520_002.jpg
    20170520_002.jpg
    山小屋の前の道標、カシバル峠9400m
    ゴボウ畠登山口まで、8千メートルあまり
    20170520_003.jpg
    20170520_003.jpg
    朝6時半、霧立越を戻る
     
    20170520_004.jpg
    20170520_004.jpg
    早速シャクナゲに挨拶
     
    20170520_005.jpg
    20170520_005.jpg
    伐採地に朝日が射す
    今日もいい天気だ
    20170520_006.jpg
    20170520_006.jpg
    朝の霧立越縦走路
     
    20170520_007.jpg
    20170520_007.jpg
    平家ブナ通過
     
    20170520_008.jpg
    20170520_008.jpg
    ミツバツツジにも朝の挨拶
     
    20170520_009.jpg
    20170520_009.jpg
    尾根の道
     
    20170520_010.jpg
    20170520_010.jpg
    森の道
     
    20170520_011.jpg
    20170520_011.jpg
    二本ブナ通過
     
    20170520_012.jpg
    20170520_012.jpg
    ブナの木も朝日を一杯浴びている
     
    20170520_013.jpg
    20170520_013.jpg
    馬つなぎ場
     
    20170520_014.jpg
    20170520_014.jpg
    静かな森
     
    20170520_015.jpg
    20170520_015.jpg
    ここで休憩
     
    20170520_016.jpg
    20170520_016.jpg
     
     
    20170520_017.jpg
    20170520_017.jpg
    見晴しの岩
    また登ってみる
    20170520_018.jpg
    20170520_018.jpg
    九州脊梁の山々
     
    20170520_019.jpg
    20170520_019.jpg
    緑の起伏が美しい
     
    20170520_020.jpg
    20170520_020.jpg

     
    20170520_021.jpg
    20170520_021.jpg
    尾根に立つ大きなブナの木
    枝を大きく張っている
    20170520_022.jpg
    20170520_022.jpg
    石灰岩の岩の道を登る
    少々歩きにくい
    20170520_023.jpg
    20170520_023.jpg
    きれいな葉だ
     
    20170520_024.jpg
    20170520_024.jpg
    多くの人馬が通った道
     
    20170520_025.jpg
    20170520_025.jpg
    森の中
    薄緑にピンクの点在
    20170520_026.jpg
    20170520_026.jpg
    かわいい花を見つけた
     
    20170520_027.jpg
    20170520_027.jpg
    水呑の頭分岐通過
     
    20170520_028.jpg
    20170520_028.jpg
    今日は土曜日
    多くの登山者とすれ違う
    20170520_029.jpg
    20170520_029.jpg
    白岩山基部
    鹿除けネットゲートの中へ
    20170520_030.jpg
    20170520_030.jpg
    左の山頂へ向かうらしい道へ
     
    20170520_031.jpg
    20170520_031.jpg
    黄色の花
     
    20170520_032.jpg
    20170520_032.jpg
    ヤマシャクヤクが一杯咲いている
     
    20170520_033.jpg
    20170520_033.jpg
    朝日に輝くヤマシャクヤク
     
    20170520_034.jpg
    20170520_034.jpg
    この道はここで行き止まり
    先へ行くのは極めて危険
    20170520_035.jpg
    20170520_035.jpg
    基部の道へ引き返す
    途中振り返って岩峰を見上げる
    20170520_036.jpg
    20170520_036.jpg
    基部の道へ戻ってきた
     
    20170520_037.jpg
    20170520_037.jpg
    トラバースの道を進む
     
    20170520_038.jpg
    20170520_038.jpg
    ヤマシャクヤク群生地帯だ
     
    20170520_039.jpg
    20170520_039.jpg
    白岩峠側から山頂へ
    山頂岩上で昼食
    20170520_040.jpg
    20170520_040.jpg
    白岩峠から下りる途中で
    またあのミツバツツジ
    20170520_041.jpg
    20170520_041.jpg
    巨石の上の植物たち
     
    20170520_042.jpg
    20170520_042.jpg
    12時45分、ゴボウ畠登山口到着
    2日かけての霧立越往復縦走終了

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ao4.gifホームページへ戻る

ao4.gif「山行記録―宮崎県―」へ戻る