山行記録

屋久島山行

黒味岳・白谷雲水峡・太鼓岩

―2016年6月20日(月)〜24日(金)―

ao4.gifホームページへ戻る

ao4.gif「山行記録―鹿児島県―」へ戻る


Copyright © 2016, Kengo Tachibana, All rights reserved.
Created: June 25, 2016
Updated: June 30, 2016


ball_magenta2.gif 山行概要
  • 期日:2016年6月20日(月)〜24日(金)、4泊5日(ホテル・民宿3泊、山小屋1泊)
  • 山名(読み方、標高):(くろみだけ、1831m)、白谷雲水峡・太鼓岩(しらたにうんすいきょう・たいこいわ、1050m)
  • 県名/山地・山群・地域など:鹿児島県/屋久島
  • 形態:単独
  • 全日程
    • 第1日目 6月20日(月):福岡空港から屋久島空港へ航空機、安房のホテル「屋久島山荘」へ路線バスで移動
    • 第2日目 6月21日(火):ホテルから淀川登山口へ路線バスで移動、淀川小屋まで登山
    • 第3日目 6月22日(水):淀川小屋から花之江河経由黒味岳往復、淀川登山口まで登山、タクシーでホテル「屋久島山荘」へ移動
    • 第4日目 6月23日(木):ホテルから路線バスで、小原町バス停乗り換え、白谷雲水峡バス停へ移動、白谷小屋経由辻峠・太鼓岩往復、路線バスで宮之浦の民宿「八重岳本館」へ移動
    • 第5日目 6月24日(金):路線バスで屋久島空港へ移動、航空機で福岡へ
  • はじめに
    • 昨年まで、九州百名山の内、97番目の2012年7月10日(火)祖母山に登って以来、3年半ほど残り三つの山行ができなかった。今年、これらの山行を実行することにし、まず2016年6月10日(金)、九州本土で唯一残っていた祖母山系の大障子岩に登った
    • これで、あとは屋久島の黒味岳と宮之浦岳の二つだけとなったが、いずれも手強い。一挙に二つの山に登るには情報不足、体力的にも不安なので、より困難と思われる宮之浦岳登山の下見も兼ねて、先ずは黒味岳に登ることにした。淀川登山口から淀川小屋1泊の往復である。このルートは宮之浦岳縦走ルートと同じであるから、その登山道の状況を体験的に知ることができる。また、この縦走の、淀川登山口反対側の登山口の一つである白谷雲水峡からのルート状況も調べておきたかったので、その入口から辻峠まで往復した。
    • 今回の山行は宮之浦岳縦走の下調べとして大変有意義であった。登山道(屋久島では「歩道」と言う)の状況が分かったし、山小屋泊に必要な品々を収納した、いつもの日帰り登山より重い
      荷を担いで歩いてみることもできた。何よりも、淀川小屋と白谷小屋を直接見たり泊まったりしたことが(水場の確認も含め)重要である。
    • また、路線バスを利用して移動した経験も、これからの屋久島山行計画の際役に立つと思う。今回の下調べ山行で得られた知識と情報を参考に、今年中に、百名山最後の宮之浦岳に登ることができたら、と思っている。
    • ところで、今回の山行全体はかなりゆとりある計画を立てた。無理をして焦ったり、きつい思いをし過ぎないためである。特に登山は、ガイドブック記載の歩行時間の1.5〜2倍の時間を設定した。結果的にはこれでよかった。天候には恵まれたとは言えないが、それは覚悟していたし、大荒れの天候ではなかったことを、むしろ幸いとしなければならないだろう。
    • 今回の屋久島山行、4泊5日、大いに楽しむことができた。歳相応に宮之浦岳登山も今回のようなゆったりペースで山行計画を立てたいと思う。

  • 山行全図

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ball_magenta2.gif 第1日目 6月20日(月) ―福岡から屋久島へ―
  • 天候:曇
  • 日程
    • 移動
      福岡空港14:45⇒[JAC3671]⇒15:50屋久島空港17:13⇒[路線バス]⇒17:40牧野バス停(安房)→[200m]→17:45ホテル「屋久島山荘」
    • 夕食:19時
    • 宿泊:ホテル「屋久島山荘」
  • 日誌
    • 福岡―屋久島間の航空便は1日1往復だけである。福岡発は14時25分、屋久島着15時25分。そのため、この日は屋久島の宿までの移動のみ。
    • 福岡空港発屋久島行きの便の出発が20分ほど遅れた。そのため、屋久島空港でガスボンベその他の買い物をしてターミナル前のバス停に行くと、安房方面へ行くバスはすでに数分前に発車していた。その原因の一つはネットで調べていたバス時刻表が古く、発車時刻が10分早くなっていたことである。時刻表は最新情報を得ておく必要がある。次のバス発車まで1時間ほど暇ができたので、空港ターミナルを見て回ったり、近くにあった観光案内所へ出かけ、担当者と話しをして登山に関する情報を得たり、地図などの各種パンフレットを手に入れることができた。
    • 予定のバスに乗り遅れたが、慌てる必要は全くなかった。午後6時前にホテル「屋久島山荘」に到着した。このホテルには6年前の屋久島山行―2010年11月11日(木)〜14日(日)―の時に3連泊した。この山行は登山用品専門店「ラリーグラス」の企画で、参加者6名、登った山は、愛子岳、モッチョム岳、太忠岳であった。いい宿であると思う。
    • このホテルは旧「安房旅館」で、林芙美子はこの宿に泊まって代表作『浮雲』(最後の舞台は屋久島である)のための取材収集と執筆を行った。そのため、この宿は「ホテル屋久島山荘」と名称を変えても「浮雲の宿」を冠している。

  • アルバム
  • :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    160620_to yakushima_001.jpg
    160620_to yakushima_001.jpg
    屋久島行きの航空機
    ボンバルディア DHC8-Q400
    160620_to yakushima_002.jpg
    160620_to yakushima_002.jpg
    熊本・宮崎・鹿児島の空は分厚い雲
    しかし、佐多岬辺りは雲が切れている
    160620_to yakushima_003.jpg
    160620_to yakushima_003.jpg
    種子島全島が見渡せた
    九州本土よりは気象状況がいいようだ
    160620_to yakushima_004.jpg
    160620_to yakushima_004.jpg
    屋久島空港到着
    予定より遅れ、15時50分着陸
    160620_to yakushima_005.jpg
    160620_to yakushima_005.jpg
    ターミナルへ向かう
     
    160620_to yakushima_006.jpg
    160620_to yakushima_006.jpg
    空港の外の駐車場
    その向こうに屋久島の山並
    160620_to yakushima_007.jpg
    160620_to yakushima_007.jpg
    ターミナル全景
     
    160620_to yakushima_008.jpg
    160620_to yakushima_008.jpg
    バス停
     
    160620_to yakushima_009.jpg
    160620_to yakushima_009.jpg
    路線バスで安房へ
     
    160620_to yakushima_010.jpg
    160620_to yakushima_010.jpg
    安房「牧野バス停」で下車
    画面左手にバス停
    160620_to yakushima_011.jpg
    160620_to yakushima_011.jpg
    安房の方へ少し戻る
    200〜300mほど
    160620_to yakushima_012.jpg
    160620_to yakushima_012.jpg
    ホテル「屋久島山荘」到着
    17時45分
    160620_to yakushima_013.jpg
    160620_to yakushima_013.jpg
    玄関脇の説明板
     
    160620_to yakushima_014.jpg
    160620_to yakushima_014.jpg
    説明板
     
    160620_to yakushima_015.jpg
    160620_to yakushima_015.jpg
    ホテルの玄関
    ここは6階、崖の下へ各階客室など
    160620_to yakushima_016.jpg
    160620_to yakushima_016.jpg
    ホテルの部屋
    3階
    160620_to yakushima_017.jpg
    160620_to yakushima_017.jpg
    部屋のテラスから
    安房川
    160620_to yakushima_018.jpg
    160620_to yakushima_018.jpg
    安房橋(まんてん橋)
    ホテルの1階、裏玄関からすぐ 
    160620_to yakushima_019.jpg
    160620_to yakushima_019.jpg
    夕食
    トビウオ(アゴ)の唐揚げ
    160620_to yakushima_020.jpg
    160620_to yakushima_020.jpg
    お品書き
     
    160620_to yakushima_021.jpg
    160620_to yakushima_021.jpg
    食べきれず、少し残した
     

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ball_magenta2.gif 第2日目 6月21日(火) ―淀川小屋まで―
  • 天候:雨
  • 日程
    • 朝食:7時30分
    • 移動
    • ホテル「屋久島山荘」09:00→09:05牧野バス停09:21⇒[路線バス、25km]⇒10:20紀元杉バス停(紀元杉見物)
    • 登山:コースと時間、紀元杉バス停から淀川小屋まで
    • :地図をクリックすると別ウィンドウで拡大。)


      紀元杉バス停10:40→[車道歩き、1.5km、35分]→11:15淀川登山口(昼食)12:20→[1.5km、1時間20分]→13:40淀川小屋
       
    • 夕食:17時頃
    • 宿泊:淀川小屋
  • 日誌
    • 黒味岳登山は早朝タクシー(またはレンタカー)で淀川登山口まで行き、黒味岳往復、安房に戻るという日帰りが一般的かも知れない。しかし、これだと、@移動に費用がかかる、A早朝4時までに安房を発つ必要がある、B初めての登山道歩きが往復合計およそ11kmにもなる、ということで断念した。
    • そこで、山小屋に1泊し、2日かけて登ることにし、色々検討した。移動をどうするか、泊まるのは石塚小屋か淀川小屋か、などなど。その結果、路線バスで紀元杉まで行き、そこから淀川登山口まで車道を歩き、登山開始、淀川小屋で1泊、翌日身軽にデイパックを担いで小屋から黒味岳往復、小屋にデポしてい
      た荷物をまとめて淀川登山口まで下り、予約したタクシーで安房の宿へ戻るという計画を立てた。
    • 帰りも路線バスを利用したかったのだが、紀元杉からの最終バス便の発車時間が14時50分と早い。早朝5時に登山開始し、急げば間に合うかも知れないが、それでは楽しくない。ゆったりしたいので午後5時に淀川登山口に来てくれるようタクシーを予約した。もっとも、後の記録にあるように、実際は午後3時半頃登山口に下りてきた。登山口手前600m地点でこの時間がはっきりしたので、電話で予定時間を早め、午後4時に来てくれるようにタクシー会社に頼んだ。

  • 備考・アルバム@:ホテル「屋久島山荘」から淀川登山口まで
  • 【備考】
    • ホテル近くの牧野バス停から紀元杉行きバスは9時21分発。朝食をゆっくりいただき、準備を整えて9時頃ホテルを後にした。バス停まで数分。あいにく雨模様だ。
    • ヤクスギランドまでの道は6年前にも通った。その時よりも道路が広くなっているように感じた。ヤクスギランドに近づくと、彼方にあの太忠岳山頂の天柱石がかすかに見え、懐かしかった。
    • ヤクスギランドから道の幅員が狭くなるが、バスが通れるような立派な車道である。他の乗客はすべてヤクスギランドで降り、その先終点の紀元杉まで私一人。ここまでのバス便は1日2本しかない。
    • バス停側にリュックをデポして、100mほど引き返し、紀元杉を見物した。団体や個人の観光客も、雨にもかかわらずこの風
      格ある杉の巨木を見物していた。
    • バス停に戻り、リュックを担いで登山開始。途中川上杉を見て、淀川登山口までは緩やかな登りの車道歩きである。時折土砂降りの雨、しかしそれは長続きせず、すぐ小雨になる。35分で登山口に着いた。
    • 登山口には広い駐車場があり、車が数台駐まっていた。雨が激しくなったので、雨宿りを兼ね、トイレ棟の軒先を借りて(場所は不適切であったが)早めの昼食とした。このトイレは着替え室も備え、人の気配を察知して自動的に明かりが点るという立派なもの。鹿に見つめられたりしながら1時間あまり過ごし、雨の治まるのを待った。

    【アルバム】
    :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    160621_yodogawagoya_001.jpg
    160621_yodogawagoya_001.jpg
    安房の夜明け
     
    160621_yodogawagoya_002.jpg
    160621_yodogawagoya_002.jpg
    山の天気はいいようだが……
     
    160621_yodogawagoya_003.jpg
    160621_yodogawagoya_003.jpg
    ホテルの対岸、カヤックが並ぶ
    川遊びも楽しそうだ
    160621_yodogawagoya_004.jpg
    160621_yodogawagoya_004.jpg
    満天橋に「おはよう」
     
    160621_yodogawagoya_005.jpg
    160621_yodogawagoya_005.jpg
    朝食
    おいしかった
    160621_yodogawagoya_006.jpg
    160621_yodogawagoya_006.jpg
    牧野バス停、9時過ぎ
    一番早い紀元杉行きバスに乗る
    160621_yodogawagoya_007.jpg
    160621_yodogawagoya_007.jpg
    ヤクスギランドへ向かう
    途中から雨が降りだした
    160621_yodogawagoya_008.jpg
    160621_yodogawagoya_008.jpg
    山の天気は下界より悪い
    しかし、太忠岳山頂の天柱石が見えた
    160621_yodogawagoya_009.jpg
    160621_yodogawagoya_009.jpg
    ヤクスギランド到着
    雨がいっそう激しく降りだした
    160621_yodogawagoya_010.jpg
    160621_yodogawagoya_010.jpg
    しかし、傘をさした沢山の観光客
    雨は覚悟して、ということか
    160621_yodogawagoya_011.jpg
    160621_yodogawagoya_011.jpg
    ここから先、道の幅が狭くなる
    雨は時々土砂降り
    160621_yodogawagoya_012.jpg
    160621_yodogawagoya_012.jpg
    終点、紀元杉バス停
    バス停脇にリュックをデポする
    160621_yodogawagoya_013.jpg
    160621_yodogawagoya_013.jpg
    道を引き返して紀元杉見物に
    100mほど歩く
    160621_yodogawagoya_014.jpg
    160621_yodogawagoya_014.jpg
    説明板
     
    160621_yodogawagoya_015.jpg
    160621_yodogawagoya_015.jpg
    林道から紀元杉を見る
    その名からすれば、樹齢2600年以上?
    160621_yodogawagoya_016.jpg
    160621_yodogawagoya_016.jpg
    杉見物遊歩道
    反時計回り周回
    160621_yodogawagoya_017.jpg
    160621_yodogawagoya_017.jpg
    堂々たる風格
    一見の価値あり
    160621_yodogawagoya_018.jpg
    160621_yodogawagoya_018.jpg
    車道に戻る
    観光客の車が駐まっていた
    160621_yodogawagoya_019.jpg
    160621_yodogawagoya_019.jpg
    杉の反対側林道脇に石清水
    その名も「紀元命水」 
    160621_yodogawagoya_020.jpg
    160621_yodogawagoya_020.jpg
    観光バスで団体さんも
     
    160621_yodogawagoya_021.jpg
    160621_yodogawagoya_021.jpg
    バス停に戻り
    リュックを担いで淀川登山口へ
    160621_yodogawagoya_022.jpg
    160621_yodogawagoya_022.jpg
    100mほど歩くと
    バスの方向転換広場 
    160621_yodogawagoya_023.jpg
    160621_yodogawagoya_023.jpg
    その先に「川上杉」の札
     
    160621_yodogawagoya_024.jpg
    160621_yodogawagoya_024.jpg
    杉を見上げる
    雨が激しくなった
    160621_yodogawagoya_025.jpg
    160621_yodogawagoya_025.jpg
    紀元杉バス停から約1.5km
    淀川登山口到着
    160621_yodogawagoya_026.jpg
    160621_yodogawagoya_026.jpg
    登山口
    ここから山道である
    160621_yodogawagoya_027.jpg
    160621_yodogawagoya_027.jpg
    鹿がいた、こっちをじっと見つめている
    この雨の中、あんた登るの?という目つき
    160621_yodogawagoya_028.jpg
    160621_yodogawagoya_028.jpg
    雨がますます激しくなった
    雨粒が登山者の車の屋根に跳ね返る
    160621_yodogawagoya_029.jpg
    160621_yodogawagoya_029.jpg
    トイレの軒先を借りて昼食にした
    1時間以上雨宿り
    160621_yodogawagoya_030.jpg
    160621_yodogawagoya_030.jpg
    このトイレは大変立派だ
    中に入ると自動的に明かりが点る

    ao1.gifこのページのトップへ戻る

  • 備考・アルバムA:淀川登山口から淀川小屋まで
  • 【備考】
    • 雨が小やみになったので、12時20分、登山口から本格的登山スタート。いきなり急登で、道はよく整備されているものの丸太のはしご段・木製階段があり、ごくゆっくりと登る。雨が降り続いていたので、特に滑りに気をつけた。
    • ただ、登山口と小屋の標高がほぼ同じなので(共に1400m足らず)、最初の600mは上りが続くが、その先は軽いアップダウンの繰り返しである。
    • 淀川小屋に着く頃には雨はほとんど上がっていた。小屋に入り荷を解いた。中は静まりかえっており、二・三人仮眠中のようだ。起こさないよう静かに着替えをして、濡れたシャツ、ズボン、靴下などを物干しの空間に張り巡らされたロープに吊した。寝床の準備もして外のテラスで一休み。午後2時過ぎ。
    • 小屋の中で仮眠していた二人が出発の準備をし出した。二人はこれから石塚小屋まで行き、そこに宿泊、翌日宮之浦岳を越えて縦走するとのこと。一人は男性ガイドさん、他はそのお客さんの若い女性。このガイドさんから花之江河→石塚小屋の登山道状況を聞く事ができた。特にルート間違いをすることはない、とのことであった。
    • そうこうする内、何人かが小屋の前を通過していった。いずれも淀川登山口の方へ下る人たちである。また、この日ここに泊まる登山者もぼちぼち到着したが、数人のみ。この日の宿泊者は6人ほどであったと思う。
    • 石塚小屋へ向かう二人を見送った後、小屋の側の、淀川に架かる橋の辺りを少し散策した。淀川の澄んだ流れ、樹木たち、鳥の鳴き声……、何とも気持ちがよかった。
    • 小屋に戻り、テラスで休んでいると、二人の若い人と言葉を交わすことになった。一人は、白谷雲水峡→縄文杉→高塚小屋→宮之浦岳→淀川小屋縦走の沖縄から来た男性で、翌日淀川登山口へ下り、ヤクスギランドまで歩いて太忠岳に登りたいということであった。他はカナダ人の若い女性のカメラマン(大型・本格的なデジタルカメラとフィルムカメラ各1台所持)だが、彼女の逞しさにはびっくりした。彼女は屋久島に来る前に、東京から京都まで歩いたというのである、しかも中山道を。屋久島では一週間山の中で過ごし、この日が最後の泊まりとのこと。彼女は白谷小屋1泊、新高塚小屋2泊、この淀川小屋に3泊する。この間、色々なルートを歩いたらしいが、その中には花之江河から石塚小屋を通過しヤクスギランドに至る花之江河登山道もある。道はどうだった、踏分は明確だったか、迷うこと
      はなかったか、渡渉の危険性は、などの問いに対する答え、「踏分は全く不明確だったが、ピンクのテープがあったから、それを辿れば大丈夫だった。渡渉もOK!」さらに驚いたことに、翌日は淀川登山口から尾之間登山道を尾之間まで下り、そこで温泉に浸かりたいとのこと。恐れ入りました。
    • この二人とは夕食を共にした。この時も少々驚いた。男性は2〜3泊だから、準備した食料がピーナッツ素材食品とカロリーメイトだけというのは分かる。しかし彼女は6泊目、その食材は麦粒の加工品とソーメン。麦は男性にお裾分けしてやったのだが、その調理法(と言うべきか否か分からない)は麦粒にオリーブオイルを垂らして水で茹で、沸騰すると火を止めそのまま1時間近く蒸らすだけ。味付けはおろか塩さえ入れない。彼女自身の夕食は主食のソーメンだけ(副食なし)。大型コップでソーメンを茹でてそのまま食す(これにもオリーブオイルを加えていたように記憶している)。これではあんまりなので、茹で麦には、私が持ってきていた酒のつまみのさきイカを刻んで加え、ソーメンには塩っ気を加えるために持っていた梅塩昆布を添えてやった。二人とも美味しいといってくれたが、それにしても彼女はこの一週間このような粗食で過ごしたのであろうか、と少々心配になった。そこで、エネルギー補給用チョコバー1本(180キロカロリー)を翌日のために彼女にプレゼントした。
    • ちなみに、私の準備した食材
      この日の夕食:アルファー米(白飯)、レトルトカレー、梅塩昆布
      翌日の朝食:アルファー米(白飯)、インスタントみそ汁、塩味ヤキトリ缶詰
      翌日の昼食:アルファー米(五目おこわ)、インスタントワンタンスープ
      その他:粉末緑茶、チョコレート、飴玉、さきイカ、焼酎0.3g、チョコバー他
    • これらは二人の準備に比べると、「豪華」過ぎる。次回の宮之浦岳登山では二人を見習い、可能な限りシンプルにするつもりである。この日の夕食は非常に参考になった。
    • 二人とは夕食後も色々語り合った。名刺を渡したのでその内連絡があるかも知れない。特に、カナダ女性には今後日本再訪の際、九州にも足を延ばすことを勧めた。彼女が来るならば、くじゅう、祖母・傾、阿蘇、椎葉や五家の荘、九州脊梁の山々などを案内しようと思う。

    【アルバム】
    :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    160621_yodogawagoya_031.jpg
    160621_yodogawagoya_031.jpg
    幸い、雨が小やみになった
    登山開始
    160621_yodogawagoya_032.jpg
    160621_yodogawagoya_032.jpg
    いきなり急登
    木のはしご段で滑らないように注意
    160621_yodogawagoya_033.jpg
    160621_yodogawagoya_033.jpg
    このような箇所は気楽に歩ける
     
    160621_yodogawagoya_034.jpg
    160621_yodogawagoya_034.jpg
    しかし、またはしご段
    これを何度か繰り返す
    160621_yodogawagoya_035.jpg
    160621_yodogawagoya_035.jpg
    登山口から600m地点
    ここは携帯電話が通じる旨の標識がある
    160621_yodogawagoya_036.jpg
    160621_yodogawagoya_036.jpg
    階段の木道は慎重に登る
     
    160621_yodogawagoya_037.jpg
    160621_yodogawagoya_037.jpg
    丸太2本の小さな橋を渡る
    滑らないように注意
    160621_yodogawagoya_038.jpg
    160621_yodogawagoya_038.jpg
    丸太のはしご段は気を使う
    ダブルのスティックが大いに役立つ
    160621_yodogawagoya_039.jpg
    160621_yodogawagoya_039.jpg
    200〜500mごとに道標がある
    自分の位置が分かって大変助かる
    160621_yodogawagoya_040.jpg
    160621_yodogawagoya_040.jpg
    大きな岩の危険箇所
    丸太2本の木道設置
    160621_yodogawagoya_041.jpg
    160621_yodogawagoya_041.jpg
    大木が多くなり
    森に深く分け入った感じである
    160621_yodogawagoya_042.jpg
    160621_yodogawagoya_042.jpg
    珍しい木々の生き様も見える
     
    160621_yodogawagoya_043.jpg
    160621_yodogawagoya_043.jpg
    全体、苔むす森の風情である
     
    160621_yodogawagoya_044.jpg
    160621_yodogawagoya_044.jpg
    世界自然遺産地域の説明板
     
    160621_yodogawagoya_045.jpg
    160621_yodogawagoya_045.jpg
    その地図拡大
    ここは淀川小屋のすぐ手前
    160621_yodogawagoya_046.jpg
    160621_yodogawagoya_046.jpg
    この木道を緩やかに下っていく
     
    160621_yodogawagoya_047.jpg
    160621_yodogawagoya_047.jpg
    小屋が見えた
     
    160621_yodogawagoya_048.jpg
    160621_yodogawagoya_048.jpg
    淀川小屋到着、13時40分
    登山口から1.5km、1時間20分
    160621_yodogawagoya_049.jpg
    160621_yodogawagoya_049.jpg
    小屋前のテントサイトには水たまり
    トイレ処理の人が作業中
    感謝の言葉をかけた
    160621_yodogawagoya_050.jpg
    160621_yodogawagoya_050.jpg
    これから石塚小屋へ向かう二人
    男性はガイドさん
    若い女性は登山のお客さん
    160621_yodogawagoya_051.jpg
    160621_yodogawagoya_051.jpg
    気温は19℃
    薄手ダウンジャケットと
    ウインドブレーカーを着込んだ
    160621_yodogawagoya_052.jpg
    160621_yodogawagoya_052.jpg
    ネズミが巣くっている
    何匹か目にした
    160621_yodogawagoya_053.jpg
    160621_yodogawagoya_053.jpg
    小屋前のテラスから、森の風景
    静かだ、素晴らしい
    160621_yodogawagoya_054.jpg
    160621_yodogawagoya_054.jpg
    小屋の中で荷物の整理をした後
    そばを流れる淀川にかかる橋に行った
    160621_yodogawagoya_055.jpg
    160621_yodogawagoya_055.jpg
    橋の上から、上流
    水はあくまでも清らかである
    160621_yodogawagoya_056.jpg
    160621_yodogawagoya_056.jpg
    下流
    雨は上がり、しばしこの風景を楽しんだ
    160621_yodogawagoya_057.jpg
    160621_yodogawagoya_057.jpg
    小屋前の道標
    この日の宿泊者は6名(だったと思う)
    160621_yodogawagoya_058.jpg
    160621_yodogawagoya_058.jpg
    淀川小屋全景
    ログハウス
    とても居心地がよかった
     
    160621_yodogawagoya_059.jpg
    160621_yodogawagoya_059.jpg
    小屋の前にて
    小屋の中が暗いので
    ヘッドランプを着けたまま
    160621_yodogawagoya_060.jpg
    160621_yodogawagoya_060.jpg
    一緒に夕食を摂った宿泊者の内の二人
    男性は沖縄から
    女性はカナダ人(写真家)

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ball_magenta2.gif 第3日目 6月22日(水) ―黒味岳登山―
  • 天候:曇時々雨
  • 日程
    • 朝食:5時
    • 登山:コース(上の21日の地図参照)と時間、淀川小屋から黒味岳往復、淀川登山口まで
    • 淀川小屋06:45→[1.8km、1時間55分]→08:40小花之江河→[0.4km、15分]→08:55花之江河→[0.4km、25分]→09:20黒味岳分れ→[0.8km、1時間5分]→10:25黒味岳10:45→[35分]→11:20黒味岳分れ11:25→[20分]→11:45花之江河(昼食)12:15→[小花之江河通過、2.2km、1時間45分]→14:00淀川小屋14:30→[1km、1時間]→15:30淀川登山口
    • 移動
    • 淀川登山口16:10⇒[タクシー、25km]⇒17:00(頃)ホテル「屋久島山荘」
    • 夕食:18時30分
    • 宿泊:ホテル「屋久島山荘」
  • 日誌
    • この日は今回山行最大の目的「黒味岳登山」である。その目的を果たせた。
    • 屋久島のこのルートを歩くのは若い人たちが多いらしい。淀川小屋で会った登山者も皆若い。彼らはいずれも重いリュックをしょって、淀川登山口や淀川小屋から宮之浦岳を経て(多分この間、黒味岳にも登るのであろう)新高塚小屋または高塚小屋に泊まるようだ(あるいはその逆コース)。またこれが一般的な
      普通の行程と思われる。私はもう若くはないから、これができるかどうか、十分検討してみる必要がある。荷を軽くしなければちょっと難しいかも知れないと思った
    • 何はともあれ、思っていたより比較的楽に黒味岳登山ができて、淀川登山口に戻った時、安堵すると共にささやかな達成感も覚えた。

  • 備考・アルバム@:淀川小屋から黒味岳分れまで
  • 【備考】
    • 早朝4時頃だったろうか、縦走する数人が静かに小屋を後にした。その後、5時頃から例の二人と一緒に朝食。もっとも、二人は特に調理をすることなく、なにがしかの食材をかじっていただけなのだが。
    • 10数名の若者グループが賑やかに登ってきた。彼らは小屋でしばらく休み、また賑やかに花之江河方面へ登って行った。皆軽装だったので、縦走ではなく、多分黒味岳往復と思われた。
    • 二人は6時頃、相前後して出発した。下の画像にあるように、カナダ人女性の装備・出で立ちは日本人の我々のそれとはかなり異なる。2台のカメラをまるで兵士の武器のようにたすき掛けにし、「戦闘態勢」である。これはシャッターチャンスを逃すこと
      なく、いつでも写真を撮るためであろう。何だか勇ましく、たくましいと感じた。とにかく若々しい。
    • 残ったのは私一人。黒味岳に登るために必要なものだけをデイパックに詰め、大型リュックは小屋の片隅にデポした。6時45分スタ−ト、幸い雨は降っていない。
    • 小花之江河まで三つほどのピークを越えたようだが、道は山腹のトラバース、尾根筋、鞍部越え、坂道、平坦な道など変化に富んでいた。ただ残念ながら、その途中、2箇所の展望所からの眺望は得られなかった。
    • 花之江河で石塚小屋への分岐など確認し、黒味岳分れに到着して一段落。

    【アルバム】
    :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    160622_kuromidake_001.jpg
    160622_kuromidake_001.jpg
    カナダ人女性は6時頃小屋を発った
    その出で立ちの逞しさ
    160622_kuromidake_002.jpg
    160622_kuromidake_002.jpg
    デイパックを担ぎ、黒味岳へ出発
    大きなリュックと不要品は小屋にデポ
    160622_kuromidake_003.jpg
    160622_kuromidake_003.jpg
    橋を渡る
    雨は降っていない
    160622_kuromidake_004.jpg
    160622_kuromidake_004.jpg
    数個所、木製階段を登る
     
    160622_kuromidake_005.jpg
    160622_kuromidake_005.jpg
    きびしい登山道
     
    160622_kuromidake_006.jpg
    160622_kuromidake_006.jpg
    岩と木の根の張った道
    山腹、トラバースの道
    160622_kuromidake_007.jpg
    160622_kuromidake_007.jpg
    手すりの付いた階段は楽だ
     
    160622_kuromidake_008.jpg
    160622_kuromidake_008.jpg
    道標
     
    160622_kuromidake_009.jpg
    160622_kuromidake_009.jpg
    緩やかな登り道
    尾根筋
    160622_kuromidake_010.jpg
    160622_kuromidake_010.jpg
    下り坂、木の根が凄まじい
    つまずかないよう要注意
    160622_kuromidake_011.jpg
    160622_kuromidake_011.jpg
    また尾根の道
     
    160622_kuromidake_012.jpg
    160622_kuromidake_012.jpg
    坂道を上る
     
    160622_kuromidake_013.jpg
    160622_kuromidake_013.jpg
    展望所、だが展望なし
    アセビの新芽がきれいだ
    160622_kuromidake_014.jpg
    160622_kuromidake_014.jpg
    大岩の側を通過
     
    160622_kuromidake_015.jpg
    160622_kuromidake_015.jpg
    道標、ここまで3つほどのピークを
    越えたり、トラバースしたり
    160622_kuromidake_016.jpg
    160622_kuromidake_016.jpg
    登山道の右手への展望所の指示
    行ってみた
    160622_kuromidake_017.jpg
    160622_kuromidake_017.jpg
    予想通り展望なし
     
    160622_kuromidake_018.jpg
    160622_kuromidake_018.jpg
    ただ、左下にヤマボウシ
     
    160622_kuromidake_019.jpg
    160622_kuromidake_019.jpg
    木の階段を下る
     
    160622_kuromidake_020.jpg
    160622_kuromidake_020.jpg
    小花之江河に着いた
     
    160622_kuromidake_021.jpg
    160622_kuromidake_021.jpg
    木道を進む
     
    160622_kuromidake_022.jpg
    160622_kuromidake_022.jpg
    霧が立ちこめている
    しかし、この風景もまた味がある
    160622_kuromidake_023.jpg
    160622_kuromidake_023.jpg
    登山道から離れたところに花が見えた
    ヤクシマシャクナゲだ
    160622_kuromidake_024.jpg
    160622_kuromidake_024.jpg
    湿原風景
     
    160622_kuromidake_025.jpg
    160622_kuromidake_025.jpg
    鹿たちも姿を見せてくれた
     
    160622_kuromidake_026.jpg
    160622_kuromidake_026.jpg
    湿原を振り返って見る
    いい景色だ
    160622_kuromidake_027.jpg
    160622_kuromidake_027.jpg
    かすんでおぼろげに見えるピーク
    高盤岳か?
    160622_kuromidake_028.jpg
    160622_kuromidake_028.jpg
    木道を進む
     
    160622_kuromidake_029.jpg
    160622_kuromidake_029.jpg
    道標
    あと少しで花之江河だ
    160622_kuromidake_030.jpg
    160622_kuromidake_030.jpg
    平坦な石畳の道
     
    160622_kuromidake_031.jpg
    160622_kuromidake_031.jpg
    木の階段を緩やかに下る
     
    160622_kuromidake_032.jpg
    160622_kuromidake_032.jpg
    花之江河到着
    ここも霧が立ちこめる
    160622_kuromidake_033.jpg
    160622_kuromidake_033.jpg
    登山道分岐を示す道標
    右へ
    160622_kuromidake_034.jpg
    160622_kuromidake_034.jpg
    大きな湿原である
     
    160622_kuromidake_035.jpg
    160622_kuromidake_035.jpg
    湿原の中の木道を進む
     
    160622_kuromidake_036.jpg
    160622_kuromidake_036.jpg
    再び登山道分岐
    ここは左へ、右は石塚小屋へ
    160622_kuromidake_037.jpg
    160622_kuromidake_037.jpg
    幻想的な湿原風景
     
    160622_kuromidake_038.jpg
    160622_kuromidake_038.jpg
    木道を下る
     
    160622_kuromidake_039.jpg
    160622_kuromidake_039.jpg
    岩の上を下る
    傾斜が緩いので案外滑らない
    160622_kuromidake_040.jpg
    160622_kuromidake_040.jpg
    さらに進む
    黒味岳分れは近い
    160622_kuromidake_041.jpg
    160622_kuromidake_041.jpg
    ここを下り、少し歩く
     
    160622_kuromidake_042.jpg
    160622_kuromidake_042.jpg
    黒味岳分れ到着
    淀川小屋から2.6km、2時間35分

    ao1.gifこのページのトップへ戻る

  • 備考・アルバムA:黒味岳分れから黒味岳往復、淀川小屋経由、淀川登山口まで
  • 【備考】
    • 黒味岳への登山道に入るとすぐ、沢山のリュックがデポしてある。小屋で出会った若者グループが黒味岳に登っているらしい。実際、しばらく登った最初のロープ場で下りてくる彼らとすれ違った。山登りに慣れていない女性もいて、ロープ場の下りで苦労していた。
    • この登山道は険しい。それに、縦走路ほど整備がなされていないし、ロープ場も数個所ある。木々の生い茂る谷筋や山腹を急登すると、突然空が開け、眼前に巨大な岩の重なりと点在する灌木が現れた。そこから道は左へカーブし、山腹の岩の間を横に進み、最後は時計回りにトラバースして山頂に達する。
    • 山頂に近づくと西風が強くなり、山頂では立っていられないほど。そのため、山頂での休憩は論外、しゃがみ込んで写真を撮っただけで、すぐ下りた。このまま下山するのはもったいないような気がして、山頂の下の風の当たらない岩陰で一休みした。ガスのため眺望はないが、にもかかわらず、暖かいお茶を飲みながら辺りを眺めた。
    • 上りに比べて、黒味岳分れまでの下りは早く、35分で着いた。
      昼食の場所は黒味岳山頂を予定していたが、予定より早く下りてきたので(それにあの強風では山頂での昼食はまず不可能)、花之江河で昼食を摂った。木道に腰を下ろし、黒味岳に登る途中で仕込んでいた「五目おこわ」とワンタンスープを、湿原の景色を眺めながらゆっくり味わった。鹿や猿が姿を見せ、その動きを観察するのも面白かった。
    • 淀川小屋まで無事下り、荷物を整理し、お世話になった小屋を後にした。
    • 登山口まで、下りなので滑ったり蹴躓いたりしないよう気をつけ、ゆっくり歩いた。それでも、午後3時半頃には登山口に着くのが確実なので、登山口から600m地点でタクシー会社に電話し、登山口午後5時待機の予約を変更し、4時に来てくれるように頼んだ。3時半に登山口到着、黒味岳登山終了。
    • しばらくタクシーを待ちながら休憩。午後4時過ぎ、タクシーが来た。ホテルに着いたのは午後5時頃であった。
    • 1日中、曇り空ながら、心配した雨が降らなかった。おかげで楽しい山登りができた。天の配慮に感謝すべきである。

    【アルバム】
    :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    160622_kuromidake_043.jpg
    160622_kuromidake_043.jpg
    黒味岳へ登る
     
    160622_kuromidake_044.jpg
    160622_kuromidake_044.jpg
    道は少し荒れた感じである
     
    160622_kuromidake_045.jpg
    160622_kuromidake_045.jpg
    ロープ場、若い一団が下りて行った
    分岐近くに彼らのリュックがデポしてあった
    160622_kuromidake_046.jpg
    160622_kuromidake_046.jpg
    山腹のヤマボウシ
     
    160622_kuromidake_047.jpg
    160622_kuromidake_047.jpg
    急坂
    しかもこの木の根たちの姿!
    160622_kuromidake_048.jpg
    160622_kuromidake_048.jpg
    ロープ場が数個所ある
     
    160622_kuromidake_049.jpg
    160622_kuromidake_049.jpg
    振り返り、見下ろすと
    傾斜のきついことが分かる
    160622_kuromidake_050.jpg
    160622_kuromidake_050.jpg
    森を抜けると、高木がなくなる
    灌木と巨石の重なりが目の前に迫る
    160622_kuromidake_051.jpg
    160622_kuromidake_051.jpg
    左へ回り込みながら登る
     
    160622_kuromidake_052.jpg
    160622_kuromidake_052.jpg
    なかなか頂上へ着かない
    ピンクのテープを頼りに進む
     
    160622_kuromidake_053.jpg
    160622_kuromidake_053.jpg
    この大岩を巻いて頂上へ
    西風が強烈だ
     
    160622_kuromidake_054.jpg
    160622_kuromidake_054.jpg
    巨石上の山頂、風が一段と強く危険
    長居は無用、写真を1枚撮っただけ
    休憩も風を避け下の岩陰で取った
    160622_kuromidake_055.jpg
    160622_kuromidake_055.jpg
    途中はしょって花之江河
    画面左の木道でゆっくり昼食
    160622_kuromidake_056.jpg
    160622_kuromidake_056.jpg
    湿原の向こうにピークが見えた
    西黒味岳か?
    160622_kuromidake_057.jpg
    160622_kuromidake_057.jpg
    その右、樹間に覗くピークをズームアップ
    先ほど登った東黒味岳だろう
    160622_kuromidake_058.jpg
    160622_kuromidake_058.jpg
    ここでも鹿が現れた
     
    160622_kuromidake_059.jpg
    160622_kuromidake_059.jpg
    一頭がある方向を見つめていた
    顔に緊張感がある
    160622_kuromidake_060.jpg
    160622_kuromidake_060.jpg
    右手、その視線の先に猿
    鹿はこれを警戒していたのだろう
    160622_kuromidake_061.jpg
    160622_kuromidake_061.jpg
    小花之江河を通過
     
    160622_kuromidake_062.jpg
    160622_kuromidake_062.jpg
    下山途中も展望所に寄ってみた
    ガスのため展望なし、ヤマボウシだけ
    160622_kuromidake_063.jpg
    160622_kuromidake_063.jpg
    木々の凄まじいせめぎ合い
    ヒメシャラと杉
    160622_kuromidake_064.jpg
    160622_kuromidake_064.jpg
    淀川小屋に近い辺りで発見
    ヤクシマシャクナゲ
    160622_kuromidake_065.jpg
    160622_kuromidake_065.jpg
    登山道から少し離れた所に
    1本だけ花を残してくれていた
    160622_kuromidake_066.jpg
    160622_kuromidake_066.jpg
    美しいシャクナゲを見たせいか
    気分よく下る
    160622_kuromidake_067.jpg
    160622_kuromidake_067.jpg
    淀川に架かる橋を渡り
    小屋に到着
    160622_kuromidake_068.jpg
    160622_kuromidake_068.jpg
    誰一人いない
    小屋入口、玄関の荷物置き棚
    160622_kuromidake_069.jpg
    160622_kuromidake_069.jpg
    小屋の内部
    2段ベッド形式である
    160622_kuromidake_070.jpg
    160622_kuromidake_070.jpg
    小屋側の水場の指示
    この右手へ
    160622_kuromidake_071.jpg
    160622_kuromidake_071.jpg
    水場
    きれいな水である
    160622_kuromidake_072.jpg
    160622_kuromidake_072.jpg
    水場の上流
    この流れは淀川の支流
    160622_kuromidake_073.jpg
    160622_kuromidake_073.jpg
    淀川小屋を後にする
     
    160622_kuromidake_074.jpg
    160622_kuromidake_074.jpg
    小屋からの帰路すぐの上り
     
    160622_kuromidake_075.jpg
    160622_kuromidake_075.jpg
    上りがしばらく続く
     
    160622_kuromidake_076.jpg
    160622_kuromidake_076.jpg
    杉の巨木のオブジェ
     
    160622_kuromidake_077.jpg
    160622_kuromidake_077.jpg
    雨が降らなかった
    そのため前日よりは歩きやすい
    160622_kuromidake_078.jpg
    160622_kuromidake_078.jpg
    ここは雨宿りできそうだ
     
    160622_kuromidake_079.jpg
    160622_kuromidake_079.jpg
    淀川登山口到着
    15時30分頃
    160622_kuromidake_080.jpg
    160622_kuromidake_080.jpg
    登山口にて
     
    160622_kuromidake_081.jpg
    160622_kuromidake_081.jpg
    登山口
    タクシーが来るまでしばらく休んだ

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ball_magenta2.gif 第4日目 6月23日(木) ―白谷雲水峡・辻峠・太鼓岩―
  • 天候:雨のち曇
  • 日程
    • 朝食:弁当
    • 移動
    • ホテル「屋久島山荘」07:00→07:10牧野バス停07:30⇒[路線バス、40分]⇒08:10小原町(乗り換え)08:20⇒[路線バス、20分]⇒08:40白谷雲水峡(入口)バス停(東屋にて弁当朝食)
    • 登山:コースと時間、白谷雲水峡入口から、辻峠・太鼓岩往復


    • 白谷雲水峡入口09:10→[1時間40分]→10:50白谷小屋11:20→[50分]→12:10辻峠(昼食)12:40→[25分]→13:05太鼓岩13:10→[25分]→13:35辻峠13:40→[35分]→14:15白谷小屋14:35→[1時間5分]→15:40白谷雲水峡入口

    • 移動
    • 白谷雲水峡入口(白谷広場)バス停16:10⇒[路線バス、20分]⇒16:30宮之浦バス停→[5分]→16:35民宿「八重岳本館」
  • 日誌
    • この日の白谷雲水峡登山は、今回山行の「おまけ」のようなものである。しかし、おまけも面白い。白谷雲水峡だけならば、これは登山というより観光と言える。実際多くの観光客が訪れていた。しかしそれは「さつき吊り橋」までの、遊歩道が整備された区間である。その先は正に登山道、観光客は踏み込めない。
    • 予定では白谷小屋から先、時間の許す限りの地点まで上り、下りは奉行杉(原生林)コース・弥生杉コースを歩くことにしていた。しかし、入口チケット売り場(管理棟)の人から奉行コースは渡渉箇所(4箇所ある)増水のため通行禁止と聞き、両コース歩きを止め、その代わり辻峠・太鼓岩まで往復することにした。
    • 雨降りにもかかわらず、観光地らしく沢山の訪問客、外国からのお客さんも多かった。外国人のほとんどは遊歩道から先、白谷小屋、辻峠、太鼓岩まで足を延ばしていたようだ(ずいぶん軽装の人もいたが)。それから、外国人と言えば、あることに気づいた。登山を終え、路線バスで宮之浦へ下りたのだが、10人ほどの乗客は私を除き、すべて外国人であった。日本人のほとんどは観光貸切バスかレンタカーで入口まで来るようだ。
    • 登山中雨模様だったが、白谷小屋からさつき吊り橋へ下りる途中で雨が上がり、日が射しさえした。入口に着くとそれまでの天
      気が嘘のように晴れていた。屋久島の気象の変化は激しいと、あらためて思い知った。
    • 入口の東屋でバスを待つ間、シャツを着替え、熱いコーヒーを淹れて飲んだが、ことのほか美味しく感じられた。
    • ところで、路線バスでの移動に関連して特記すべきことがある。安房の「牧野バス停」から路線バスで白谷雲水峡へ行くには、宮之浦のバス停(「宮之浦バス停」または「小原町バス停」)で乗り換える必要がある。当初の予定では「宮之浦バス停」乗り換え、その空いた時間に大型リュックと靴などを入れたトートバッグをバス停近くの宿「民宿八重岳本館」に預けるつもりであった。ところが、この予定をホテル「屋久島山荘」で告げると、荷物を山荘から民宿まで運んでおく、この二つの宿は経営母体が同じなので、荷物運びはサービスとのこと。これは助かった。乗り換えの時間を心配しなくて済むからである。また、乗り換えも「小原町バス停」に変更した(ここは「宮之浦バス停」の二つ手前)。
    • この「登山」の経験は次の宮之浦岳登山を計画する際、重要な参考資料となる。この「おまけ」は面白かったが、それだけではなく、大きな意味もあった。

  • 備考・アルバム@:ホテル「屋久島山荘」から小原町バス停乗り換え、白谷雲水峡まで
  • 【備考】
    • ホテルの朝食は7時からである。ところが、牧野バス停からのバス発車は7時30分。ホテルで朝食を摂るとなると気ぜわしいので、朝食弁当を作ってもらった。昼食と合わせ弁当二つ。朝
      食弁当は白谷雲水峡に着いて開くことにした。
    • 上の日誌で触れたように、荷物預けの必要がなくなったので、乗り換え・移動が実に楽であった。

    【アルバム】
    :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    160623_shirataniunsuikyo_001.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_001.jpg
    朝、雨雲が低く走り
    天気はよくない
    160623_shirataniunsuikyo_002.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_002.jpg
    ホテル「屋久島山荘」
    登山用具売店・レンタルショップ
    160623_shirataniunsuikyo_003.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_003.jpg
    来館者案内
     
    160623_shirataniunsuikyo_004.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_004.jpg
    ロビーと売店
     
    160623_shirataniunsuikyo_005.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_005.jpg
    玄関
     
    160623_shirataniunsuikyo_006.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_006.jpg
    牧野バス停
    雨がかなり強く降っている
    160623_shirataniunsuikyo_007.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_007.jpg
    路線バスで宮之浦へ
    小原町バス停で乗り換える
    160623_shirataniunsuikyo_008.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_008.jpg
    途中の小瀬田
    愛子岳登山の起点である
    160623_shirataniunsuikyo_009.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_009.jpg
    小瀬田から愛子岳を見る
    姿は端正だが、登山道はきびしい
    160623_shirataniunsuikyo_010.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_010.jpg
    宮之浦、小原町バス停 
    白谷雲水峡行きに乗り換える
    160623_shirataniunsuikyo_011.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_011.jpg
    バス停は宮之浦川の側
     
    160623_shirataniunsuikyo_012.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_012.jpg
    白谷雲水峡へ向かう
     
    160623_shirataniunsuikyo_013.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_013.jpg
    バスはぐんぐん高度を上げる
     
    160623_shirataniunsuikyo_014.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_014.jpg
    バスの窓から
    宮之浦を見下ろす
    160623_shirataniunsuikyo_015.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_015.jpg
    この道路はよく整備されている
     
    160623_shirataniunsuikyo_016.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_016.jpg
    「雲の展望台」通過
     
    160623_shirataniunsuikyo_017.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_017.jpg
    終点「白谷雲水峡」到着
    ここは「白谷広場」でもある
    160623_shirataniunsuikyo_018.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_018.jpg
    広場の東屋
    ここで朝食の弁当を開く

    ao1.gifこのページのトップへ戻る

  • 備考・アルバムA:白谷雲水峡入口から白谷小屋まで
  • 【備考】
    • 入口から「さつき吊り橋」までの遊歩道はよく整備されており、傾斜も緩く極めて歩きやすい。ただ、雨に濡れているので階段や石畳の道で滑らないように注意しなければならなかった。この間が白谷雲水峡なのだが、ここは渓谷美を楽しむ区間と言えよう。その先が本格的登山道である。屋久島の谷と森の雰囲気が濃厚になる。
    • 白谷小屋はコンクリートブロック建ての大きな山小屋で、もと炊
      事場、リュック置き場、宿泊室などがそれぞれ複数ある。トイレは建物内部に設置されており便利だが、山小屋としてこれは珍しいのではないだろうか。小屋前の広場には大きなテーブルとベンチがあり、天気がよければここで一休みするのは気持ちがいいであろうと思われる。水場はこの広場の脇にある。次回は是非この小屋に泊まってみたいと思った。

    【アルバム】
    :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    160623_shirataniunsuikyo_019.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_019.jpg
    入口でチケット購入、300円
    登山スタート
    160623_shirataniunsuikyo_020.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_020.jpg
    すぐ白谷雲水峡である
    数々の滝と渓谷が楽しめる
    160623_shirataniunsuikyo_021.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_021.jpg
    階段には手すりが付いている
    遊歩道は観光客でも歩きやすい
    160623_shirataniunsuikyo_022.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_022.jpg
    弥生杉コース分岐
    ここは「順路」に従い直進
    160623_shirataniunsuikyo_023.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_023.jpg
    美しい渓谷である
     
    160623_shirataniunsuikyo_024.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_024.jpg
    危険箇所には「歩道」が設置されている
     
    160623_shirataniunsuikyo_025.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_025.jpg
    「憩いの大岩」
    観光客も安全に歩ける
    160623_shirataniunsuikyo_026.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_026.jpg<
    ツツジの花が咲いていた
    あるいはサツキか?
    160623_shirataniunsuikyo_027.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_027.jpg
    滝と淵
     
    160623_shirataniunsuikyo_028.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_028.jpg
    二代杉
     
    160623_shirataniunsuikyo_029.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_029.jpg
    ひりゅう橋
    駐車場へ通じる
    160623_shirataniunsuikyo_030.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_030.jpg
    この橋を渡らず
    遊歩道を直進
    160623_shirataniunsuikyo_031.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_031.jpg
    そこの案内板
     
    160623_shirataniunsuikyo_032.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_032.jpg
    「飛流おとし」の滝
     
    160623_shirataniunsuikyo_033.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_033.jpg
    軽い上りの遊歩道
     
    160623_shirataniunsuikyo_034.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_034.jpg
    弥生杉コース分岐
    ここも「順路」通り直進する
    160623_shirataniunsuikyo_035.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_035.jpg
    奉行杉(原生林)コース(直進)分岐
    ここは直進せず、左折して
    160623_shirataniunsuikyo_036.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_036.jpg
    この「さつき吊り橋」を渡り
    対岸(右岸)へ
    160623_shirataniunsuikyo_037.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_037.jpg
    吊り橋から、下流
    左岸のヤマボウシ
    160623_shirataniunsuikyo_038.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_038.jpg
    ズームアップ
    地味だが、豪華! 男性的
    160623_shirataniunsuikyo_039.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_039.jpg
    上流
    左岸のヤマボウシ
    160623_shirataniunsuikyo_040.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_040.jpg
    ズームアップ
    こちらはどことなく清楚、女性的
    160623_shirataniunsuikyo_041.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_041.jpg
    吊り橋までは遊歩道、観光客も多い
    右岸の道はきびしい登山道である
    160623_shirataniunsuikyo_042.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_042.jpg
    雰囲気ががらりと変わる
     
    160623_shirataniunsuikyo_043.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_043.jpg
    傾斜もきつくなる
     
    160623_shirataniunsuikyo_044.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_044.jpg
    しかし、登山道の側に
    このような可愛い滝のあるのがうれしい
    160623_shirataniunsuikyo_045.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_045.jpg
    また、右手の谷川を覗くのも面白い
     
    160623_shirataniunsuikyo_046.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_046.jpg
    渡渉地点
     
    160623_shirataniunsuikyo_047.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_047.jpg
    左岸へ渡る
     
    160623_shirataniunsuikyo_048.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_048.jpg
    森の雰囲気がまた変わる
    何となく、本物の自然の気配
    160623_shirataniunsuikyo_049.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_049.jpg
    奉行(原生林)コース分岐
    ここも直進、白谷小屋へ向かう
    160623_shirataniunsuikyo_050.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_050.jpg
    分岐の道標
    白谷小屋は近い
    160623_shirataniunsuikyo_051.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_051.jpg
    この巨大な「くぐり杉」には驚いた
    かしこまって、くぐり抜けました
    160623_shirataniunsuikyo_052.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_052.jpg
    巨大な切り株「シカの宿」
    小学生の命名とのこと、なるほど
    160623_shirataniunsuikyo_053.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_053.jpg
    白谷小屋への分岐
    右折する
    160623_shirataniunsuikyo_054.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_054.jpg
    少し先で谷川を渡渉
     
    160623_shirataniunsuikyo_055.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_055.jpg
    白谷小屋到着、10時50分
    入口から1時間40分
    160623_shirataniunsuikyo_056.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_056.jpg
    小屋前の広場
    残念ながら雨
    160623_shirataniunsuikyo_057.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_057.jpg
    広場の脇の水場
     
    160623_shirataniunsuikyo_058.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_058.jpg
    小屋の中
     
    160623_shirataniunsuikyo_059.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_059.jpg
    小屋の中
     
    160623_shirataniunsuikyo_060.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_060.jpg
    小屋の中
     
    160623_shirataniunsuikyo_061.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_061.jpg
    小屋の中
     
    160623_shirataniunsuikyo_062.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_062.jpg
    小屋の中
     
    160623_shirataniunsuikyo_063.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_063.jpg
    小屋の中
    トイレ

    ao1.gifこのページのトップへ戻る

  • 備考・アルバムB:白谷小屋から辻峠・太鼓岩往復、白谷雲水峡入口へ下山、宮之浦の民宿「八重岳本館」まで
  • 【備考】
    • 白谷小屋から辻峠までがこのコースのハイライトである。「七本杉」から数百メートル、登山道左手に展開する「苔むす森」は非現実的とも言えるほどの不思議な気配に言葉も出ないほどである。その独特の魅力に圧倒され、急登のきつさなど吹っ飛んでしまう。この時小雨が降っていたせいか、この森の苔の緑と神秘さがいっそう深まっていたようだ。
    • やがて辻峠に至る。ここは背の高い樹木のない峠の広場で、空が開け明るい。木製のベンチが設えてあり、休憩するには格好の場所だ。雨が降っているので、本来は休憩時地面に敷くためのアルミシートを頭上にかざして昼食を摂った。この時、傘を持ってこなかったことが少し悔やまれた(準備はしていたのだが、置いてきた)。屋久島の登山では傘を携えるべし、と思った。
    • この峠から太鼓岩へ登る。道標に従い反時計回りの周回、距離は短いが急坂の上り下りである。太鼓岩からの展望はよくない。かろうじて、ガスの切れ間から下の安房川の谷川が見えただけ。
    • 下りは順調、白谷小屋に再度寄り、入口に戻った。途中、「さつき吊り橋」の手前辺りで雨が上がり、入口を出ると空が晴れていた。東屋でシャツを着替え、コーヒーを味わったりしてバスを待った。最終の16時10分発の路線バスに乗り、「宮之浦バス停」で下車、数分歩いて宿の「民宿八重岳本館」到着。ホテル「屋久島山荘」で預けた荷物は届いており、部屋に置いてあった。この宿は交通の便がよく、部屋、食事、サービスなど申し分ない。宿泊料金も手頃、いい宿でした。

    【アルバム】
    :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    160623_shirataniunsuikyo_064.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_064.jpg
    小屋で30分大休憩後、辻峠へ向かう
    すぐ「→苔むす森」の道標
    160623_shirataniunsuikyo_065.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_065.jpg
    七本杉
     
    160623_shirataniunsuikyo_066.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_066.jpg
    雨の中、登る
    かなりの急坂である
    160623_shirataniunsuikyo_067.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_067.jpg
    「苔むす森」
    ここは「もののけ姫」の森のモデル
    160623_shirataniunsuikyo_068.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_068.jpg
    「苔むす森」
     
    160623_shirataniunsuikyo_069.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_069.jpg
    「苔むす森」
     
    160623_shirataniunsuikyo_070.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_070.jpg
    「苔むす森」
     
    160623_shirataniunsuikyo_071.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_071.jpg
    「苔むす森」
     
    160623_shirataniunsuikyo_072.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_072.jpg
    武家杉・公家杉
     
    160623_shirataniunsuikyo_073.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_073.jpg
    「かみなりおんじ」杉
     
    160623_shirataniunsuikyo_074.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_074.jpg
    急登、ほんの数十メートル
     
    160623_shirataniunsuikyo_075.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_075.jpg
    辻峠到着
     
    160623_shirataniunsuikyo_076.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_076.jpg
    登山者への注意
     
    160623_shirataniunsuikyo_077.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_077.jpg
    雨が降る中、ここで昼食
     
    160623_shirataniunsuikyo_078.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_078.jpg
    昼食後、太鼓岩へ
     
    160623_shirataniunsuikyo_079.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_079.jpg
    登山道
     
    160623_shirataniunsuikyo_080.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_080.jpg
    登山道
     
    160623_shirataniunsuikyo_081.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_081.jpg
    登山道
     
    160623_shirataniunsuikyo_082.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_082.jpg
    太鼓岩道標
    右へ数メートル
    160623_shirataniunsuikyo_083.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_083.jpg
    太鼓岩
    安房川の谷川がかすかに見える
    160623_shirataniunsuikyo_084.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_084.jpg
    しかし、眺望なし
     
    160623_shirataniunsuikyo_085.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_085.jpg
    太鼓岩にて
     
    160623_shirataniunsuikyo_086.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_086.jpg
    辻峠へ別ルートで下る
    反時計回り周回
    160623_shirataniunsuikyo_087.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_087.jpg
    女神杉
     
    160623_shirataniunsuikyo_088.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_088.jpg
    大岩をつかむヒメシャラ
     
    160623_shirataniunsuikyo_089.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_089.jpg
    辻峠へ戻った
    この日の目的地はここ
    160623_shirataniunsuikyo_090.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_090.jpg
    ここから白谷雲水峡へ引き返す
    デジカメの調子が悪く、なぜかピンぼけ
    160623_shirataniunsuikyo_091.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_091.jpg
    この辺りで雨が上がり
    日が射してきた
    160623_shirataniunsuikyo_092.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_092.jpg
    谷川の滝
    日射しを浴びて美しい
    160623_shirataniunsuikyo_093.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_093.jpg
    木々の葉も輝く
     
    160623_shirataniunsuikyo_094.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_094.jpg
    遊歩道を下る
     
    160623_shirataniunsuikyo_095.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_095.jpg
    憩いの大岩を下りる
     
    160623_shirataniunsuikyo_096.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_096.jpg
    白たえの滝
    入口近く
    160623_shirataniunsuikyo_097.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_097.jpg
    登山終了、大満足
    東屋でシャツを着替え、熱いコーヒーを一杯
    160623_shirataniunsuikyo_098.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_098.jpg
    さっぱりしたところで
    記念写真
    160623_shirataniunsuikyo_099.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_099.jpg
    路線バスで宮之浦へ下る
    午後4時10分発
    160623_shirataniunsuikyo_100.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_100.jpg
    小さな猿の群れが現れた
    サービスで一時停車、写真が撮れた
    160623_shirataniunsuikyo_101.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_101.jpg
    バスは快調に下りていく
     
    160623_shirataniunsuikyo_102.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_102.jpg
    宮之浦が見えた
    朝とは違い、日を浴びている
    160623_shirataniunsuikyo_103.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_103.jpg
    「宮之浦バス停」で下車
    歩いて数分、民宿八重岳本館到着
    160623_shirataniunsuikyo_104.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_104.jpg
    部屋で汗や雨に濡れたものを干した
    日が射し風も通り、物干しの調子は上々
    160623_shirataniunsuikyo_105.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_105.jpg
    部屋の洗面台
     
    160623_shirataniunsuikyo_106.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_106.jpg
    この部屋の名前「黒味岳」!
    いい部屋です
    160623_shirataniunsuikyo_107.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_107.jpg
    食事室
    何だか落ち着く
    160623_shirataniunsuikyo_108.jpg
    160623_shirataniunsuikyo_108.jpg
    夕食、「屋久島山荘」と比べ遜色なし
    ちなみに、この二つの宿は経営母体が同じ

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ball_magenta2.gif 第5日目 6月24日(金) ―屋久島から福岡へ―
  • 天候:晴時々曇(屋久島)のち曇(福岡)
  • 日程
    • 朝食:7時30分
    • 移動
    • 民宿「八重岳本館」09:50→09:55宮之浦バス停10:03⇒[路線バス]⇒10:23屋久島空港12:10⇒[JAC3672]⇒13:10福岡空港
  • 日誌
    • 最終日、第5日目、いい天気だ。この日は福岡へ帰るだけ。時間はたっぷりあるので、6時半から、宮之浦港へ散歩に出かけた。港や海、町の様子など見て1時間後宿に戻り、朝食を済ませた。
    • 朝の散歩の後の写真がない。デジカメの調子がおかしくなり、何度電源を入れ直しても、レンズ調整不可のエラーメッセージが出るばかりだった。

  • アルバム ―宮之浦の朝、散策―
  • :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    160624_miyanoura_001.jpg
    160624_miyanoura_001.jpg
    この日の朝
    いい天気だ
    160624_miyanoura_002.jpg
    160624_miyanoura_002.jpg
    小さな雨雲が浮かぶが
    西の山の方も晴
    160624_miyanoura_003.jpg
    160624_miyanoura_003.jpg
    東の海の方も晴
     
    160624_miyanoura_004.jpg
    160624_miyanoura_004.jpg
    6時半から小一時間散歩した
    宿の前左手、安房方面への道
    160624_miyanoura_005.jpg
    160624_miyanoura_005.jpg
    右手、永田方面への道
    こちらの方向へ歩く
    160624_miyanoura_006.jpg
    160624_miyanoura_006.jpg
    宮之浦港まで歩くことにする
     
    160624_miyanoura_007.jpg
    160624_miyanoura_007.jpg
    松林の公園の端から右へ下り
     
    160624_miyanoura_008.jpg
    160624_miyanoura_008.jpg
    海沿いに進む
     
    160624_miyanoura_009.jpg
    160624_miyanoura_009.jpg
    プレジャーボート
     
    160624_miyanoura_010.jpg
    160624_miyanoura_010.jpg
    漁船
     
    160624_miyanoura_011.jpg
    160624_miyanoura_011.jpg
    漁師さんたちと朝の挨拶を交わした
     
    160624_miyanoura_012.jpg
    160624_miyanoura_012.jpg
    フェリーや高速船乗り場
     
    160624_miyanoura_013.jpg
    160624_miyanoura_013.jpg
    小さなフェリーが接岸していた
     
    160624_miyanoura_014.jpg
    160624_miyanoura_014.jpg
    先へ進むと「待合所」
    ターミナルである
    160624_miyanoura_015.jpg
    160624_miyanoura_015.jpg
    山の方を見る
    山並は朝日を浴びていた
    160624_miyanoura_016.jpg
    160624_miyanoura_016.jpg
    丁度フェリー「はいびすかす」が入港
    鹿児島−種子島−屋久島を毎日1往復
    160624_miyanoura_017.jpg
    160624_miyanoura_017.jpg
    「ウィルソン博士顕彰之碑」があった
    ホテルの敷地内である
    160624_miyanoura_018.jpg
    160624_miyanoura_018.jpg
    その高台まで行ってみた
    「碑文」
    160624_miyanoura_019.jpg
    160624_miyanoura_019.jpg
    ウィルソン株の実物大レプリカ
    鳥居が何とも……
    160624_miyanoura_020.jpg
    160624_miyanoura_020.jpg
    高台から
    港の眺め
    160624_miyanoura_021.jpg
    160624_miyanoura_021.jpg
    山の眺め
     
    160624_miyanoura_022.jpg
    160624_miyanoura_022.jpg
    宿への帰路は一般道を歩いた
     
    160624_miyanoura_023.jpg
    160624_miyanoura_023.jpg
    「世界遺産登録記念の碑」
     
    160624_miyanoura_024.jpg
    160624_miyanoura_024.jpg
    県道とT字にぶつかる
    左は安房へ、右は永田へ
    160624_miyanoura_025.jpg
    160624_miyanoura_025.jpg
    その左角は公園
     
    160624_miyanoura_026.jpg
    160624_miyanoura_026.jpg
    永田方面への道
     
    160624_miyanoura_027.jpg
    160624_miyanoura_027.jpg
    安房方面への道
    こちらを歩いて宿に戻る
    160624_miyanoura_028.jpg
    160624_miyanoura_028.jpg
    途中、屋久島観光センターがあった
     
    160624_miyanoura_029.jpg
    160624_miyanoura_029.jpg
    道ばたのユリの花
     
    160624_miyanoura_030.jpg
    160624_miyanoura_030.jpg
    朝食、完食
    ツボダイのみりん漬が美味しかった

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ao4.gifホームページへ戻る

ao4.gif「山行記録―鹿児島県―」へ戻る