山行記録

祖母山

―2012年7月10日(火)―

ao4.gifホームページへ戻る

ao4.gif「山行記録―宮崎県―」へ戻る


ball_magenta2.gif 山行概要
  • 山名(読み方、標高):祖母山(そぼさん、1756.4m)
  • 県名/山地・山群・地域など:宮崎県・大分県/祖母・傾山地
  • 期日:2012年7月10日(火)
  • 日程
    • 移動(車):3時間
      自宅(福岡市城南区)4:15→野芥ランプ→[福岡都市高速]→太宰府IC→[九州自動車道、「北熊本SA」で朝食]→益城熊本空港IC→[県道36号]→小谷→[県道206号]→小森→[県道28号]→久木野→[県道39号]→[国道325号]→高千穂→[県道8号]→五ヶ所→[村道・林道]→7:15北谷登山口
    • 登山:7時45分〜14時40分
    • 移動(車):3時間15分
      北谷登山口15:00→[林道・村道]→五ヶ所→[県道8号]→高千穂→[国道325号]→阿蘇大橋→[国道57号]→熊本IC→[九州自動車道]→太宰府IC→[福岡都市高速]→18:15野芥ランプ→自宅(福岡市城南区)
  • 備考
    • 梅雨の時期としては貴重な、「晴」が確実となった7月10日(火)、祖母山山行、九州百名山(新版)97番目である。祖母山は格別思い出が深い。半世紀以上前、友人二人と共に3泊4日の祖母・傾縦走をしたことがある。猛烈にきつかった。今でもその記憶は鮮明である。この思い出のため、九州百名山100番目の山行は祖母山にする予定であった。しかし、96番目の五島・福江島の七ツ岳に登って、残りは祖母山、大障子岩、屋久島の宮之浦岳、黒味岳となり、当初の予定にこだわらず、祖母山に登ることにした。
    • コースは宮崎県側、北谷登山口から千間平コースを登り、風穴コースを下る、という比較的楽であるらしい周回である。確かに登りは楽だったが、下りの「風穴コース」は予想以上の難路であった。特にこの時期、岩場や渡渉箇所で緊張した。
    • 5月〜6月の花の季節や紅葉の見事な秋には大勢の登山者で賑わう祖母山も、梅雨末期の今は静かなもので、出会ったのは男性3人だけ、いずれも単独。山頂では、国観峠で出会った方と再会したが、彼が去った後は私独り、天気もよく、涼しく、昼食を頂きながらゆっくり展望を楽しんだ。
    • 気温は下山後の北谷登山口で23℃であったから、山頂では20℃以下、おそらく18℃くらいであったはず。全体、天候には恵まれた。梅雨前線が九州本土の遙か南まで下がり、九州北部は大陸高気圧に覆われ、祖母山はまるで秋のように快適。日射しは柔らかく、湿度も低いようで、汗もあまりかかなかった。
    • 思わぬご褒美、嬉しかったこと、オオヤマレンゲ。九合目から直接山頂へのルートを取らず、九合目小屋に寄った。そこから山頂にかけて沢山オオヤマレンゲが群生している。その「天女の花」を目にすることはあきらめていたのだが、数本、一つ二つ、花を残してくれていた。最盛期の、盛りだくさんの満開の花ももちろん美しいが、このような残り香のごとき一つの花もそこはかとなき風情があり、緑の中に鮮烈である。
    • 思いで深い祖母山、独り静かに山登りを楽しく味わいました。

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ball_magenta2.gif 「祖母山」登山記録

  • 概要
    • 期日:2012年7月10日(火)
    • 天候:晴
    • 行程:北谷登山口から千間平コース・風穴コース時計回り周回、全行程6時間55分、実歩行5時間05分
  • コース地図・時間


  • :画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)
    (1) 北谷登山口7:45→[40]→8:25水場8:30→[35]→9:05千間平9:20→[20]→9:40三県境→[20]→10:00国見峠10:20→[30]→10:50九合目分岐→[15]→11:05九合目小屋11:10→[15]→11:25祖母山(昼食)

    (2) 祖母山12:10→[35]→11:45巨石(休憩)11:55→[35]→13:30風穴13:40→[55]→14:35最後の渡渉・林道出合→[05]→14:40北谷登山口
  • 画像・備考
    (1) 北谷登山口から祖母山頂まで(千間平コース)
    :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)
    img_0001.jpg
    IMG_0001.jpg
    北谷登山口駐車場
    img_0002.jpg
    IMG_0002.jpg
    北谷登山口
    img_0004.jpg
    IMG_0004.jpg
    植林帶の中、道は平坦
    img_0005.jpg
    IMG_0005.jpg
    一合目の標識
    標識は九合目まで合目ごとに設置
    img_0006.jpg
    IMG_0006.jpg
    二・五合目、水場
    img_0007.jpg
    IMG_0007.jpg
    三合目の先を右急カーブ
    尾根歩きとなる
    img_0008.jpg
    IMG_0008.jpg
    スズタケの急坂
    滑り跡は人間ではなく
    獣が滑り降りた跡(?)
    img_0009.jpg
    IMG_0009.jpg
    四合目から坂が緩む
    img_0011.jpg
    IMG_0011.jpg
    登山道分岐、直進
    左は「筒が岳」へ
     


    県道8号線の五ヶ所から右折してしばらく舗装された道を走る。途中から未舗装の道になるが、普通車でも走行可能。その行き止まりが北谷登山口である。駐車場は広く、10台くらい駐車できる。ここには立派なトイレ、水場、東屋がある。お世話になる登山者として、マナーを守って、これらの設備をきれいに使うようにしなければならない。

    ここから千間平・風穴両コースへ向かうことになるが、今回は時計回り周回なので、千間平登山口から出発する。


    北谷登山口から三合目の先まではほとんど植林帶の中、山腹をほぼ等高線に沿って緩やかに登っていく。二合目と三合目の中間(二.五合目、富士山登山道風にいえば、二合五勺)に水場がある。









    三合目の先で右に急カーブ、尾根に出ると平坦な道は終わり、やや急な坂を登る。四合目からは再び道は平らになり、千間平に出る。その「千間平」標識の手前に分岐があるが、左の登山道は「筒が岳」への道で、ここは直進する。  
    img_0012.jpg
    IMG_0012.jpg
    千間平の広場
    ここで休憩
    img_0013.jpg
    IMG_0013.jpg
    アサギマダラ
    2匹のテンも出た
    img_0014.jpg
    IMG_0014.jpg
    千間平にて
    img_0015.jpg
    IMG_0015.jpg
    静かな広々とした尾根道
    img_0016.jpg
    IMG_0016.jpg
    少し坂を登る
    img_0017.jpg
    IMG_0017.jpg
    登山道から
    祖母山が見える
    img_0018.jpg
    IMG_0018.jpg
    障子岳は雲の中
    img_0019.jpg
    IMG_0019.jpg
    三県境(宮崎・大分・熊本)
    左の道は「越敷岳」へ
    img_0020.jpg
    IMG_0020.jpg
    平坦な尾根道が続く
    img_0021.jpg
    IMG_0021.jpg
    国観峠に出る
    img_0022.jpg
    IMG_0022.jpg
    ここで神原からの登山道合流
     


    「千間平」標識のあるところは、開けた気持ちのいい場所で落ち着く。ここで長めの休憩をした。アサギマダラがゆったりと空間をただよっていた。座って静かにあめ玉を味わっていると、すぐそばを小さな茶色の動物が2匹駆け抜けていった。親子かカップルのテンではないかと思う。写真を撮る暇はなかった。





    この地点が「千間平」の始点であるが、ここから三県境(宮崎県・大分県・熊本県)まで直線で700m、境から国観峠まで1000m、終点を峠とすれば、「千間平」はカーブの距離をプラスして1800mとなる。千間=1.8m×1000間=1800m、ぴったり!!







    この間まさに「平ら」である。幅広い尾根を歩く。大変気分がいい。三県境には「越敷岳」からの登山道が合流している。三県境から緩やかな坂のスズタケの道を登ると「国観峠」に出る。この峠は広々とした平地で、神原からの登山道が合流する。ここで、神原から登ってきた男性と出会った。しばし会話。彼とは山頂で再会することになる。  
    img_0023.jpg
    IMG_0023.jpg
    真正面に祖母山
    お地蔵さんの左が登山道
    img_0024.jpg
    IMG_0024.jpg
    急坂を登り九合目到着
    左の小屋への道へ
    img_0025.jpg
    IMG_0025.jpg
    平坦な小屋への道
    img_0026.jpg
    IMG_0026.jpg
    九合目小屋
    「あけぼの荘」
    img_0028.jpg
    IMG_0028.jpg
    小屋脇から山頂へ
    img_0029.jpg
    IMG_0029.jpg
    一輪のオオヤマレンゲ
    img_0030.jpg
    IMG_0030.jpg
    登山道合流
    img_0031.jpg
    IMG_0031.jpg
    ガレ場を少し登る
    img_0032.jpg
    IMG_0032.jpg
    祖母山山頂
     



    「国観峠」のお地蔵さんの左脇から山頂への登山道に入る。ここから九合目までやや急なスズタケの道。九合目標識で道が三つ叉に分かれているが、真ん中の道は廃道、右が祖母山山頂へ、左が九合目小屋への登山道。九合目小屋へ向かう。この道は山頂をトラバースする形でほぼ平坦。









    九合目小屋は平日で閉鎖されていた。小屋から道標にしたがって山頂へ向かう。途中でオオヤマレンゲの花を見る。やがて、九合目から山頂への道と合流し、山頂へ。

     
    img_0033.jpg
    IMG_0033.jpg
    山頂にて
    img_0034.jpg
    IMG_0034.jpg
    山頂からの眺望
    img_0035.jpg
    IMG_0035.jpg
    山頂からの眺望
    img_0036.jpg
    IMG_0036.jpg
    山頂からの眺望
    img_0037.jpg
    IMG_0037.jpg
    ヒョウモンチョウ
    img_0038.jpg
    IMG_0038.jpg
    縦走路下山口
    先から急激な下り
    img_0039.jpg
    IMG_0039.jpg
    風穴コース入口
    img_0040.jpg
    IMG_0040.jpg
    ここにもアサギマダラ
     



    山頂で神原からの登山者と再会、写真を撮りあった。彼が去ると私独り。




    まず、山頂からの下山道入口を入念に確認して、昼食。眺望を楽しんだり、蝶の写真を撮ったり、ぼーっと物思いにふけったり、山頂で45分過ごし、風穴コースの下山開始。  


    (2) 祖母山頂から北谷登山口まで(風穴コース)
    :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)
    img_0041.jpg
    IMG_0041.jpg
    下山開始
    img_0042.jpg
    IMG_0042.jpg
    途中の展望岩から
    img_0044.jpg
    IMG_0044.jpg
    ロープ場
    img_0045.jpg
    IMG_0045.jpg
    ハシゴ
    img_0046.jpg
    IMG_0046.jpg
    急坂を下りきって
    一休み
    img_0047.jpg
    IMG_0047.jpg
    休憩は巨石のそば
     



    祖母山頂から下山道入口は三つある。一つは登ってきた道、二つ目は傾山への縦走路で、天狗岩・障子岳へ下り、途中から黒金コースに降りることもできる。三つ目が風穴コース。





    縦走路の下りは目もくらむような急坂であるが、風穴コースへの下りも相当急である。しかも岩場、ロープ場、ハシゴのかけられた岩場もある。この急坂が大岩(ここで休憩した)まで続く。  
    img_0048.jpg
    IMG_0048.jpg
    またまたアサギマダラ
    img_0049.jpg
    IMG_0049.jpg
    スズタケの下り道
    img_0050.jpg
    IMG_0050.jpg
    登山道脇にて
    img_0051.jpg
    IMG_0051.jpg
    再び急坂を少し下りる
    img_0052.jpg
    IMG_0052.jpg
    風穴入口上
    下の入口には降りない
     



    大岩から風穴までも坂は急。







    ハシゴを下りて風穴入り口の上で休憩したが、あえて風穴の中へ入ることは避け、穴から吹き上げてくる冷気の心地よさを楽しんだだけ。
     
    img_0053.jpg
    IMG_0053.jpg
    ガレ場を下る
    img_0054.jpg
    IMG_0054.jpg
    谷川にでる
    img_0055.jpg
    IMG_0055.jpg
    この谷川を下る
    テープと道標がある
    img_0056.jpg
    IMG_0056.jpg
    危険箇所
    岩が滑る
    img_0057.jpg
    IMG_0057.jpg
    小滝の右を降りた
    img_0058.jpg
    IMG_0058.jpg
    ここを下る
    道が不鮮明、要注意
    img_0059.jpg
    IMG_0059.jpg
    道標を見て安心
    img_0060.jpg
    IMG_0060.jpg
    この岩も危険
     



    風穴から先、傾斜は緩むものの、登山道としてきびしかった。









    ガレ場を過ぎると谷筋になり、谷川を下る。水量が増していて歩くのに苦労するし、道が不鮮明な箇所もある。ロープを使って降りる大きな岩は滑りやすく緊張した。
     
    img_0061.jpg
    IMG_0061.jpg
    植林帶になる
    img_0062.jpg
    IMG_0062.jpg
    渡渉
    img_0063.jpg
    IMG_0063.jpg
    平坦な道
    img_0064.jpg
    IMG_0064.jpg
    渡渉
    img_0065.jpg
    IMG_0065.jpg
    最後の渡渉
    img_0066.jpg
    IMG_0066.jpg
    ここを渡る
    img_0067.jpg
    IMG_0067.jpg
    林道に出る
    img_0068.jpg
    IMG_0068.jpg
    そこは風穴コース入口
    img_0069.jpg
    IMG_0069.jpg
    林道を5分ほど歩く
    img_0070.jpg
    IMG_0070.jpg
    北谷登山口に戻った
    img_0071.jpg
    IMG_0071.jpg
    洗い場
    img_0072.jpg
    IMG_0072.jpg
    トイレ隣接の東屋
     


    谷川から離れ、山腹の植林帶の中になると道は平坦になり、やれやれこの先登山口までは楽に歩ける、と思いきや、さにあらず。道は平坦で歩きやすいのであるが、小さな谷の横断箇所で、谷川を渡渉しなければならない。







    これらの谷川も水量があり、対岸の登山道の確認と渡渉方法の検討が必要であった。
    最後の渡渉が一番緊張した。その先すぐ林道出合、林道を5分ほど下れば登山口に到着する。











    風穴コースは秋、谷川の水量が少ない時期であれば、今回ほど難しいことはないであろうが、それでもやはり「難コース」であることには変わりない。グループでこのコースを下るのは、メンバー全員が登山訓練している場合でない限り、中止した方がいいのではないかと思った。特に、高齢者・女性の多いグループはこのコースは無理で、千間平コースを引き返した方が安全かつ楽しいはずです。  

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ao4.gifホームページへ戻る

ao4.gif「山行記録―宮崎県―」へ戻る


Copyright © 2012 Kengo Tachibana, All rights reserved.
Created: July 10, 2012
Updated: July 14, 2012