山行記録

花切山・双石山(針ノ耳神社)

―2014年11月28日(金)〜29日(土)―

ao4.gifホームページへ戻る

ao4.gif「山行記録―宮崎県―」へ戻る



ball_magenta2.gif 山行概要
  • 山名(読み方、標高):花切山(はなきりやま、669.2m)、双石山(ぼろいしやま、509.3m)・針ノ耳神社
  • 県名/山地・山群・地域:宮崎県/宮崎市南部
  • 山行期日:2014年11月28日(金)〜29日(土)
  • 山行形態:単独、一泊
  • 全日程
    • 第1日目:2014年11月28日(金)
      • 移動:自宅から椿山キャンプ場先駐車場(遊歩道入口)まで、4時間00分
        自宅06:15⇒野芥ランプ⇒[福岡都市高速]⇒(太宰府IC)⇒[九州自動車道、宮原PAで朝食]⇒(えびのJct)⇒[宮崎自動車道]⇒(清武南IC)⇒[一般道] ⇒[県道27号]⇒[林道]⇒10:15椿山キャンプ場先駐車場(遊歩道入口)
      • 登山:10時30分〜16時25分
      • 移動:「清武温泉」まで、約30分
      • 宿泊:「清武温泉」
    • 第2日目:2014年11月29日(土)
      • 移動:「清武温泉」から(双石山)小谷登山口まで、15分
      • 登山:09時00分〜10時40分
      • 移動:小谷登山口から宮崎市のホテルまで、約40分
  • 備考
    • 11月末、宮崎市に所用で行くついでに、市南部・鵜戸山地北端の花切山と双石山(針ノ耳神社)に登ることにした。花切山は新しく「九州百名山地図帳」に加えられた。双石山は数年前登ったが(2011年3月6日(日))、その時は九平登山口からの登山道を利用したので、この山の魅力の「針ノ耳神社」の奇岩群を見ず、また、尾根縦走もできなかった。今回、花切山初登頂はできたのだが、双石山は時間的制約のため、奇岩の「針ノ耳神社」見学だけになった。
    • 双石山と花切山・斟鉢山(徳蘇連山)の間を流れる加江田川に沿って、かつての加江田森林鉄道(トロッコ)が走っていたとのこと。その長い軌道敷跡が遊歩道として整備されている。今回の花切山登山はその遊歩道の西端、椿山キャンプ場はずれの駐車場から登り始めたのだが、その東端・丸野駐車場からの加江田渓谷遊歩道歩きと花切山・斟鉢山・双石山登山を組み合わせれば面白い山行ができるように思われる。
    • 花切山は深山の趣があり、新鮮であった。しかし、天気は悪く、平日ということもあったのか誰一人登山客に会わなかった。そもそもこの山に入る人が少ないのか、道がかなり荒れていた。特に、下りの「滝コース」は大雨のためか倒木、道の崩落などが多く危険。ちょっと古い資料になるが、『新分県登山ガイド』(山と渓谷社、2004年)によると、この山の登山コースは丸野駐車場からの登山道が紹介してある。そして、今回の椿山キャンプ場駐車場からのルートは「……初心者向きではない。」と書かれているが、確かにそれほど標高がないにもかかわらずずいぶん手強いと思った。
    • 双石山は、土曜日、晴天、大勢の登山客。尾根に出ての稜線歩きはさぞ快適であったろう。
    • ところで、登山口までのアプローチであるが、福岡・えびの方面からの場合、自動車道を清武で降りることになる。前回は宮崎自動車道から「清武JCT」で東九州自動車道に入り、すぐの「清武IC」で降りた。ところが、今回「清武南IC」が新しく設けられていることが分かったので、そちらに降りてみた。結果はかえって時間がかかってしまった。「清武IC」で降りた方がよい。
    • 第一日目の宿は「清武温泉」。サービスなど気にしなければ、適当な宿泊費で、この辺りの登山の宿としては最適と思われる。

ao1.gifこのページのトップへ戻る



ball_magenta2.gif 第1日目登山記録:花切山
  • 概要
    • 天候:曇、一時小雨
    • 行程:遊歩道入口から花切山一部時計回り周回往復、全行程5時間55分、実歩行5時間10分
  • コース地図・時間



    遊歩道入口10:30→[25]→10:55下の滝ルート分岐→[尾根ルート、1:30]→12:25上の滝ルート分岐→[45]→13:10花切山(昼食)13:45→[45]→14:30上の滝ルート分岐14:40→[滝ルート、1:05]→15:45鏡洲万葉の滝→[20]→16:05下の滝ルート分岐→[20]→16:25遊歩道入口

    【備考・画像@】―登り―
  • 備考
    • 「清武南IC」で自動車道を降り、車の「ナビちゃん」の指示に従い県道27号へ。県道を南下、三つの双石山登山口を過ぎ、椿山峠を越え、下りきって左鋭角に椿山キャンプ場への車道へ。この車道は現在東九州自動車道建設作業道路となっており、建設現場まで幅広く整備されている。しかし、大型ダンプカーなどの通行が盛んで要注意。また、時折「発破」が行われるらしく、その情報掲示にも気をつける必要がある。椿山キャンプ場に近づくと道は未舗装になるが、走行に不自由なし。車道のどん詰まりは広い駐車場になっており、そこが遊歩道入口、かつ花切山登山始点でもある。かつてはこの辺りまで、森林鉄道のトロッコが走っていた。この軌道跡の遊歩道のことを知り、2013年、見立鉱山跡を訪ねた山行を思い起こしてしまった。
    • 駐車場に私の車一台だけ。あたりは実に静かである。駐車場加江田川側に建つ東屋でゆっくり登山準備。ゲート前に「諸注意」があり、花切山登山道は倒木・崩落で「通行困難」とのこと。しかし「不可」・「禁止」ではないので、登ることにした。ただし、登りの「尾根ルート」はまだしも、下りの「滝ルート」は確かに「困難」であった。
    • 遊歩道入口から花切山登山口までは渓谷美を楽しみながら歩く。この遊歩道(かつてのトロッコ軌道跡)は加江田川に沿い、その渓谷の中を縫って丸野駐車場まで続くのだが、10分ほどで花切山登山口、右の登山道へ。その先も加江田川支流沿いの平坦な道を進む。ただ、道が少々荒れているのが気がかりではあった。
    • やがて、「尾根ルート」と「滝ルート」の分岐に至る。登りは尾根、下りは(少し不安ではあったが)滝に決め、「尾根ルート」へ向かう。
    • 「尾根ルート」に入っても谷筋のなだらかな道だが、涸れ谷を対岸へ渡り、少し進むと道が左折、山腹の急登になる。尾根に出るまできついが、その尾根の道も急傾斜。
    • ふっと傾斜が緩み、「赤子淵分岐」までしばし、だがその先はまたもや急登、傾斜はさらに増すように感じる。上の「滝コース」分岐で一休み、山頂まで「ヒッシマメタン」、途中の「大岩展望所」は無視、ひたすら登り、花切山山頂到達。祝福するかのように、いきなり雨が降り出した。慌てて雨具を身に着けたが、すぐ雨は去り、昼食。ワンタンスープが美味しかった。
  • 画像
    :画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    141128_hanakiri_nobori_0001.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0001.jpg
    椿山キャンプ場への車道(林道)
    141128_hanakiri_nobori_0002.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0002.jpg
    車道終点駐車場
    141128_hanakiri_nobori_0003.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0003.jpg
    遊歩道入口
    141128_hanakiri_nobori_0004.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0004.jpg
    加江田川沿いの遊歩道
    加江田森林鉄道軌道敷跡
    141128_hanakiri_nobori_0005.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0005.jpg
    花切山登山口
    直進:遊歩道、右:登山道
    141128_hanakiri_nobori_0006.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0006.jpg
    登山道、幾分荒れている
    141128_hanakiri_nobori_0007.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0007.jpg
    渓流沿いの登山道
    141128_hanakiri_nobori_0008.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0008.jpg
    木製橋を渡る
    141128_hanakiri_nobori_0009.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0009.jpg
    すぐ滝コース分岐
    左の尾根コースへ
    141128_hanakiri_nobori_0010.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0010.jpg
    道脇の花
    141128_hanakiri_nobori_0011.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0011.jpg
    キノコも
    141128_hanakiri_nobori_0012.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0012.jpg
    なだらかな登山道
    141128_hanakiri_nobori_0013.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0013.jpg
    谷を渡る
    141128_hanakiri_nobori_0014.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0014.jpg
    対岸の道標
    141128_hanakiri_nobori_0015.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0015.jpg
    右岸を少し歩く
    141128_hanakiri_nobori_0016.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0016.jpg
    山腹の急登
    141128_hanakiri_nobori_0017.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0017.jpg
    尾根に登る
    141128_hanakiri_nobori_0018.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0018.jpg
    尾根の急登
    141128_hanakiri_nobori_0019.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0019.jpg
    梯子を登る
    141128_hanakiri_nobori_0020.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0020.jpg
    広場
    猪のヌタバか遊び場?
    141128_hanakiri_nobori_0021.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0021.jpg
    傾斜が緩む
    141128_hanakiri_nobori_0022.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0022.jpg
    赤子淵分岐
    141128_hanakiri_nobori_0023.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0023.jpg
    再び急坂
    岩も多くなる
    141128_hanakiri_nobori_0024.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0024.jpg
    上の滝コース(右)分岐
    花切山へは直進
    141128_hanakiri_nobori_0025.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0025.jpg
    道はさらに厳しさを増す
    141128_hanakiri_nobori_0026.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0026.jpg
    赤い木の実が鮮烈
    141128_hanakiri_nobori_0027.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0027.jpg
    断崖の前を右折
    141128_hanakiri_nobori_0028.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0028.jpg
    トラバース
    141128_hanakiri_nobori_0029.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0029.jpg
    尾根に出て、最後の登り
    141128_hanakiri_nobori_0030.jpg
    141128_hanakiri_nobori_0030.jpg
    山頂到着
    展望はない




    【備考・画像A】―下り―
  • 備考
    • 下り、時折小雨が落ちてくるのでレインスーツを身に着けた。登りでパスした「花切展望所」に寄ってみたが、ガスと樹木のため展望は得られなかった。
    • 『九州百名山地図帳』によると、上の滝コース分岐―花切山山頂間、登り45分、下り25分とされている。だが下りは登りと同じくらい、あるいはそれ以上時間がかかる。急坂である上、登山道は木の根や岩が多いためである。急ぐと極めて危険。滝コース分岐まで下りて一息つく。雨が止んだので、レインスーツの上着を脱いだ。
    • 分岐から滝コースを下るが、谷に降りきるまでの山腹の道は傾斜が急であるものの危険ではない。ただ、落ち葉が多く、踏分不明確、テープや赤い矢印の道標を確認しながら下る。
    • 谷筋の道は傾斜が緩むが、倒木が道をふさぐ箇所が多い。やがて、谷が深くなり、谷を大きく巻いたり、崖っぷちの狭い道となる。倒木や崩落などがあり、確かにこの道は歩行「困難」である。神経を集中して「鏡洲万葉の滝」まで降りる。
    • ここまで来れば一安心。きつかった。滝を写真に収め、滝の先の木橋を渡れば、後は下の滝コース分岐まで安全な道、途中で小休憩。
    • 分岐から先は登ってきた道である。駐車場までゆっくり戻った。
    • このコースで花切山に登る場合、下りも「尾根コース」にすべきであろうと思った。「滝コース」は危険箇所が多く、今後一雨ごとに倒木、崩落が発生するはずだからである。
    • 九州百名山の一つに登ったということになるが、かなりきつい思いをした。少々冒険気味の単独山行でした。
  • 画像
    :画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    141128_hanakiri_kudari_0001.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0001.jpg
    登りはパスした展望所へ
    141128_hanakiri_kudari_0002.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0002.jpg
    花切展望所
    141128_hanakiri_kudari_0003.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0003.jpg
    ガスと樹木のため眺望はよくない
    141128_hanakiri_kudari_0004.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0004.jpg
    木の根に注意
    慎重に降りる
    141128_hanakiri_kudari_0005.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0005.jpg
    振り返ると急坂である
    岩と木の根の道できびしい
    141128_hanakiri_kudari_0006.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0006.jpg
    滝コース分岐を左折
    自然林の急坂を下る
    141128_hanakiri_kudari_0007.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0007.jpg
    テープが見える
    141128_hanakiri_kudari_0008.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0008.jpg
    登りの道標
    矢印の逆に下る
    141128_hanakiri_kudari_0009.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0009.jpg
    「谷」に降りきる
    141128_hanakiri_kudari_0010.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0010.jpg
    谷筋を下る
    141128_hanakiri_kudari_0011.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0011.jpg
    このコースは荒れているようだ
    人の歩いた気配がない
    141128_hanakiri_kudari_0012.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0012.jpg
    道に迷いそう
    141128_hanakiri_kudari_0013.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0013.jpg
    倒木が道をふさぐ箇所も多い
    141128_hanakiri_kudari_0014.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0014.jpg
    道標にほっとする
    ここは右の岸へ渡る
    141128_hanakiri_kudari_0015.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0015.jpg
    また倒木
    下をくぐり抜ける
    141128_hanakiri_kudari_0016.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0016.jpg
    ロープ場の急坂
    141128_hanakiri_kudari_0017.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0017.jpg
    山腹を巻く箇所もある
    141128_hanakiri_kudari_0018.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0018.jpg
    また対岸(左岸)へ渡る
    141128_hanakiri_kudari_0019.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0019.jpg
    崖っぷちの狭い道
    滑落注意!
    141128_hanakiri_kudari_0020.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0020.jpg
    一番の難所、崩落箇所
    左の崖の下を通る、冷や汗!
    141128_hanakiri_kudari_0021.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0021.jpg
    だが、谷の景色は素晴らしい
    141128_hanakiri_kudari_0022.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0022.jpg
    梯子
    141128_hanakiri_kudari_0023.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0023.jpg
    倒木
    141128_hanakiri_kudari_0024.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0024.jpg
    やっと滝まで下った
    141128_hanakiri_kudari_0025.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0025.jpg
    鏡洲万葉の滝
    141128_hanakiri_kudari_0026.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0026.jpg
    滝のすぐ先、木橋を渡る
    その先は平坦、安全な道
    141128_hanakiri_kudari_0027.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0027.jpg
    ちょっと一休みして
    下の滝コース分岐に出る
    141128_hanakiri_kudari_0028.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0028.jpg
    遊歩道出合
    141128_hanakiri_kudari_0029.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0029.jpg
    遊歩道入口到着
    141128_hanakiri_kudari_0030.jpg
    141128_hanakiri_kudari_0030.jpg
    「清武温泉」から南彼方
    右:双石山、左奥:花切山


ao1.gifこのページのトップへ戻る



ball_magenta2.gif 第2日目登山記録:双石山(針ノ耳神社)
  • 概要
    • 天候:晴
    • 行程:小谷登山口から双石山・針ノ耳神社時計回り周回、全行程1時間40分、実歩行1時間30分
    • 双石山登山コース図

      双石山の登山コースは左の図の通り。今回は時間の関係で、針ノ耳神社まで行き、下山した。

      緑の部分が今回の登山図で、下にその拡大図を示す。
  • コース地図・時間



    小谷登山口09:00→[55]→09:55針ノ耳神社(休憩)10:05→[35]→10:40小谷登山口

  • 備考
    • 前日とは大違い、この日は上天気、気温が高い。午後、宮崎市内で用事があり、登山のための時間は午前中だけなので、双石山の「針ノ耳神社」まで往復することにした。小谷登山口から塩鶴登山口経由、周回である。
    • 小谷登山口に駐車し、県道を清武の方へ戻り、塩鶴登山口から登り始めると、広大な伐採地に出た。日射しが強く、汗が噴き出した。
    • 再度植林の中、急坂を登ると自然林に変わり、大岩展望所に着く(社が建っている)。ここは木々が生い茂り、展望はよくない。この展望所の下に小谷登山口への登山道が分岐している(下山はこちらに進んだ)。
    • 展望所から岩道をちょっと登ると、また分岐があり、左は「針ノ耳」経由、右は直接尾根の「第二展望所」へ至る。左へ進む。
    • やがて上に奇岩が見えてくる。期待感が増す。「針ノ耳」は聞きしに勝る奇岩である。針ノ耳神社の小さな社殿がこの奇岩の基部に建っている。そのせり出している岸壁の下では落石の危険があるので(その標識もある)、その脇で休憩した。
    • 下りは、大岩展望所下、分岐を左折、小谷登山口へ向かう。多くの登山客と出会ったが、皆さん専らこの登山道を登っておられるようだ。こちらの方が趣があり、より快適。登山口に駐車場もあるし、時間的にも有利である。今度訪れる時はこの道を利用することにしようと思った。
    • 尾根歩きができなかったし、山頂に立つこともなかったが、あの奇岩を存分に眺め、楽しめて満足の山歩きでした。
  • 画像
    :画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    141129_boroishi_0001.jpg
    141129_boroishi_0001.jpg
    「清武温泉」から
    双石山を眺める
    141129_boroishi_0002.jpg
    141129_boroishi_0002.jpg
    小谷登山口駐車場
    帰ってきたら満杯であった
    141129_boroishi_0003.jpg
    141129_boroishi_0003.jpg
    県道27号を少し戻る
    141129_boroishi_0004.jpg
    141129_boroishi_0004.jpg
    塩鶴登山口
    ここに駐車地はない
    141129_boroishi_0005.jpg
    141129_boroishi_0005.jpg
    登山開始
    植林帶をちょっと登る
    141129_boroishi_0006.jpg
    141129_boroishi_0006.jpg
    広大な伐採地を登る
    日射しが強い
    141129_boroishi_0007.jpg
    141129_boroishi_0007.jpg
    再び植林帶へ
    141129_boroishi_0008.jpg
    141129_boroishi_0008.jpg
    林の急坂
    141129_boroishi_0009.jpg
    141129_boroishi_0009.jpg
    自然林となる
    141129_boroishi_0010.jpg
    141129_boroishi_0010.jpg
    大岩展望所
    しかし、樹木が生い茂り展望なし
    141129_boroishi_0011.jpg
    141129_boroishi_0011.jpg
    岩の急坂を登る
    141129_boroishi_0012.jpg
    141129_boroishi_0012.jpg
    登山道分岐
    左、「針ノ耳」へ
    141129_boroishi_0013.jpg
    141129_boroishi_0013.jpg
    上に奇岩が見える
    141129_boroishi_0014.jpg
    141129_boroishi_0014.jpg
    何とも印象的な「針ノ耳」
    141129_boroishi_0015.jpg
    141129_boroishi_0015.jpg
    奇岩の道が上に続く
    しかし今回はここまで
    141129_boroishi_0016.jpg
    141129_boroishi_0016.jpg
    落石を避け、奇岩の右で休憩
    岩が張り出しているのが分かる
    141129_boroishi_0017.jpg
    141129_boroishi_0017.jpg
    奇岩の下の「針ノ耳神社」
    可愛らしい社殿
    141129_boroishi_0018.jpg
    141129_boroishi_0018.jpg
    大岩展望所まで戻り
    その下を左折、小谷登山口へ下る
    141129_boroishi_0019.jpg
    141129_boroishi_0019.jpg
    この登山道は快適
    141129_boroishi_0020.jpg
    141129_boroishi_0020.jpg
    落ち葉の道、足にやさしい
    141129_boroishi_0021.jpg
    141129_boroishi_0021.jpg
    登山道分岐
    左:この道を下ってきた
    右:「針ノ耳」を経由せず尾根に出る
    141129_boroishi_0022.jpg
    141129_boroishi_0022.jpg
    植林帶の中へ
    141129_boroishi_0023.jpg
    141129_boroishi_0023.jpg
    その手前の岩
    「カエル岩」とのこと、なるほど!
    141129_boroishi_0024.jpg
    141129_boroishi_0024.jpg
    谷筋の道を緩やかに下る
    141129_boroishi_0025.jpg
    141129_boroishi_0025.jpg
    岩の多い箇所に注意
    141129_boroishi_0026.jpg
    141129_boroishi_0026.jpg
    小谷登山口に到着
    周回終了
    141129_boroishi_0027.jpg
    141129_boroishi_0027.jpg
    登山口の案内板
    141129_boroishi_0028.jpg
    141129_boroishi_0028.jpg
    11月30日(日)、宮崎IC入口手前
    道ばたから南の眺め

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ao4.gifホームページへ戻る

ao4.gif「山行記録―宮崎県―」へ戻る


Copyright © 2014 Kengo Tachibana. All rights reserved.
Created: December 01, 2014
Updated: December 02, 2014