山行記録

雲仙

普賢岳・新登山道

―2012年10月28日(日)―

ao4.gif「山行記録―長崎県―」へ戻る

ao4.gifホームページへ戻る



ball_magenta2.gif 山行概要

ao1.gifこのページのトップへ戻る



ball_magenta2.gif 登山記録
  • 概要
    • 天候:曇り、のち晴れ
    • 行程:池ノ原園地・妙見駐車場から普賢岳往復、仁田峠から逆8の字周回、全行程6時間20分、実歩行4時間12分
  • コース地図・時間

    :画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)
    (1) 池ノ原園地・妙見駐車場8:30→[35]→9:05仁田峠9:30→[20]→9:50薊谷休憩所9:55→[15]→10:10紅葉茶屋

    (2) 紅葉茶屋10:15→[「茶屋」のすぐ先「鬼人谷入口」から「新コース」、25]→10:40北の風穴10:45→[07]→10:52鳩穴分れ10:55→[ここから「新設登山道」、10]→11:05立岩の峰11:20→[ここまで「新設登山道」、20]→11:40普賢岳(昼食)12:35→[20]→12:55紅葉茶屋

    (3) 紅葉茶屋12:55→[20]→13:15国見分れ→[25]→13:40妙見岳13:45→[30]→14:15仁田峠14:25→[25]→14:50妙見駐車場
  • 画像・備考(1)―池ノ原園地・妙見駐車場から仁田峠・薊谷経由、紅葉茶屋まで―
    :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    unzen_0001.jpg
    unzen_0001.jpg
    池ノ原園地・妙見駐車場
    集合場所
    unzen_0002.jpg
    unzen_0002.jpg
    登山スタート
    unzen_0003.jpg
    unzen_0003.jpg
    仁田峠へ
    unzen_0004.jpg
    unzen_0004.jpg
    濃霧の中
    unzen_0005.jpg
    unzen_0005.jpg
    仁田峠
    unzen_0006.jpg
    unzen_0006.jpg
    後発部隊も到着
    全員集合、挨拶
    unzen_0007.jpg
    unzen_0007.jpg
    ロープウェイ駅前
    unzen_0008.jpg
    unzen_0008.jpg
    駅右脇、登山口
    unzen_0009.jpg
    unzen_0009.jpg
    薊谷へ
    unzen_0010.jpg
    unzen_0010.jpg
    薊谷のアザミ
    unzen_0011.jpg
    unzen_0011.jpg
    薊谷休憩所
    unzen_0012.jpg
    unzen_0012.jpg
    紅葉茶屋へ登る
    unzen_0013.jpg
    unzen_0013.jpg
    茶屋到着
    unzen_0014.jpg
    unzen_0014.jpg
    紅葉だ!
    unzen_0015.jpg
    unzen_0015.jpg
    ここで一区切り

     



    妙見駐車場から登り始める。最初は舗装された歩道、やがて整備十分の登山道になる。









    霧の中を35分歩いて仁田峠に出ると、霧がなお一層濃い。

    駐車場には車はなく、がらんとしている。仁田峠循環道路が霧のため進入禁止なのである。

    ここで後から登ってくる会員を待ち、あらためて挨拶を交わす。








    ロープウェイ駅の右脇、薊谷登山口から本格的な登山道歩きとなる。やはり霧が漂う。



    薊谷休憩所で小休憩の後、紅葉茶屋まで急坂を登るが、途中鮮やかな紅葉を見た。  
  • 画像・備考(2)―紅葉茶屋から鬼人谷入口、新登山道時計回り周回、普賢岳経由、紅葉茶屋まで―
    :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    unzen_0016.jpg
    unzen_0016.jpg
    鬼人谷入口
    unzen_0017.jpg
    unzen_0017.jpg
    新鮮な登山道
    unzen_0018.jpg
    unzen_0018.jpg
    霧の中の紅葉
    unzen_0019.jpg
    unzen_0019.jpg
    急坂もある
    unzen_0020.jpg
    unzen_0020.jpg
    西の風穴
    unzen_0021.jpg
    unzen_0021.jpg
    趣ある登山道
    unzen_0022.jpg
    unzen_0022.jpg
    モミジが美しい
    unzen_0023.jpg
    unzen_0023.jpg
    北の風穴、小休憩
    unzen_0024.jpg
    unzen_0024.jpg
    鳩穴分れ
    ここから新設登山道
    unzen_0025.jpg
    unzen_0025.jpg
    灌木林を抜けると
    unzen_0026.jpg
    unzen_0026.jpg
    平成新山を左に見て
    unzen_0027.jpg
    unzen_0027.jpg
    立岩展望所に到る
    unzen_0028.jpg
    unzen_0028.jpg
    脇のピークにて
    unzen_0029.jpg
    unzen_0029.jpg
    展望所にて
    unzen_0030.jpg
    unzen_0030.jpg
    空が晴れる!
    unzen_0031.jpg
    unzen_0031.jpg
    新設登山道を進む
    unzen_0032.jpg
    unzen_0032.jpg
    見事な紅葉
    unzen_0033.jpg
    unzen_0033.jpg
    このコントラスト
    unzen_0034.jpg
    unzen_0034.jpg
    普賢岳の記念碑の人影
    unzen_0035.jpg
    unzen_0035.jpg
    普賢岳山頂到着
    unzen_0036.jpg
    unzen_0036.jpg
    山頂にて
    unzen_0037.jpg
    unzen_0037.jpg
    山頂の賑わい
    昼食後、下山開始
    unzen_0038.jpg
    unzen_0038.jpg
    ふと振り返ると
    錦と新山
    unzen_0039.jpg
    unzen_0039.jpg
    紅葉茶屋へ
    unzen_0040.jpg
    unzen_0040.jpg
    快適に下る
    unzen_0041.jpg
    unzen_0041.jpg
    この彩りを味わう
    unzen_0042.jpg
    unzen_0042.jpg
    紅葉茶屋到着
    新ルート時計回り一週

     



    紅葉茶屋のすぐ先、「鬼人谷入口」から時計回りの新ルートスタートである。

    山腹を巻いて「鳩穴分れ」まで道は穏やか。登山道や谷の紅葉を愛でながら歩く。

    初めてなので見る景色が新鮮だ。











    やがて「鳩穴分れ」に到る。ここから新設登山道で、右に曲がる、急坂。









    灌木林を登り切ると小さな高原状の台地に飛び出す。

    左手に平成新山のがれきが迫り、大迫力。

    新山梺の平坦な道を行くと「立岩の峰」展望所に到着。そこにリュックを置いて、側のピークに登り、心ゆくまで新山の姿を眺めた。







    「立岩の峰」に到着したのは11時頃であったが、ここで霧が一気に晴れ、美しい青空が広がった。皆さん、よかったよかったと、これまた一気にうれしさがこみ上げてきた模様。




    「立岩」から谷に降りて、普賢岳に登り返すのであるが、この間紅葉がすばらしい。間近に見ることができる。










    普賢岳山頂からの眺めは変化に富んでいて面白い。やはり、平成新山・溶岩ドームの巨大な山塊の存在が大きな要素である。

    記念写真、その他の撮影、昼食などなど、山頂で1時間ほど楽しんだ。





    山頂から紅葉茶屋まで、急坂を下る。その途中でも、またモミジ。  
  • 画像・備考(3)―紅葉茶屋から国見分れ・妙見岳・仁田峠経由、池ノ原園地・妙見駐車場まで―
    :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    unzen_0043.jpg
    unzen_0043.jpg
    紅葉
    unzen_0044.jpg
    unzen_0044.jpg
    紅葉
    unzen_0045.jpg
    unzen_0045.jpg
    国見岳山腹の紅葉
    unzen_0046.jpg
    unzen_0046.jpg
    またもや、紅葉
    unzen_0047.jpg
    unzen_0047.jpg
    国見岳全山紅葉
    unzen_0048.jpg
    unzen_0048.jpg
    鬼人谷の紅葉
    unzen_0049.jpg
    unzen_0049.jpg
    振り返り見る
    unzen_0050.jpg
    unzen_0050.jpg
    国見分れに着く
    unzen_0051.jpg
    unzen_0051.jpg
    妙見への稜線
    unzen_0052.jpg
    unzen_0052.jpg
    薊谷を見下ろす
    unzen_0053.jpg
    unzen_0053.jpg
    普賢と新山
    unzen_0054.jpg
    unzen_0054.jpg
    何とか咲きの
    ミヤマキリシマ
    unzen_0055.jpg
    unzen_0055.jpg
    妙見神社
    unzen_0056.jpg
    unzen_0056.jpg
    真正面に、平成新山
    unzen_0057.jpg
    unzen_0057.jpg
    妙見からの下山道にて
    unzen_0058.jpg
    unzen_0058.jpg
    ロープウェイ妙見駅
    unzen_0059.jpg
    unzen_0059.jpg
    下を見ると、駐車場満杯
    unzen_0060.jpg
    unzen_0060.jpg
    右手に、九千部岳
    unzen_0061.jpg
    unzen_0061.jpg
    仁田峠は、のどか
    unzen_0062.jpg
    unzen_0062.jpg
    仁田峠到着
    unzen_0063.jpg
    unzen_0063.jpg
    仁田峠にて
    unzen_0064.jpg
    unzen_0064.jpg
    駐車場へ、朝とは大違い
    unzen_0065.jpg
    unzen_0065.jpg
    美しい
    unzen_0066.jpg
    unzen_0066.jpg
    妙見駐車場、解散

     



    「紅葉茶屋」から「国見分れ」まで急坂の上りである。しかし、途中でちょっと休んで辺りの景色を楽しむ。もうことばもないくらい美しい。あー、とか、わー、とか発声するのみ。



















    「国見分れ」から妙見岳への尾根歩きも小さなアップダウンがあるだけで快適である。ここからも左のモミジが彩る薊谷を見下ろすことになり、時々立ち止まりたくなる。



















    妙見岳から眺める新山は、何度見ても感動的である。ここは観光客も多かった。





    妙見から仁田峠まですっかり晴れた空の下、ゆっくり下りた。そのため、少し皆さんを待たせることになったかも知れない。









    峠から駐車場までの下り、朝の登りではあんなに霧が立ちこめていたのに、陽がさんさんと降り注ぎ大変気持ちよかった。  

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ao4.gif「山行記録―長崎県―」へ戻る

ao4.gifホームページへ戻る


Copyright © 2012 Kengo Tachibana. All rights reserved.
Created: October 29, 2012
Updated: October 30, 2012