山行記録

虚空蔵山

―2018年9月5日(水)―

ao4.gif「山行記録―長崎県―」へ戻る

ao4.gifホームページへ戻る


© 2018 Kengo Tachibana
Updated: September 06, 2018 2018
Last modified: September 09, 2018


ball_magenta2.gif 山行概要
  • 山名(読み方、標高):虚空蔵山(こくぞうさん、こくぞうやま、こくんぞうさん、608.5m、九州百名山)
  • 県名/山地・山群・地域など:長崎県/川棚町
  • 山行期日:2018年9月5日(水)
  • 山行形態:単独、日帰り
  • 日程
    • 移動:⇒[長崎自動車道]⇒嬉野IC⇒[国道34号、県道106号、基幹林道]⇒虚空蔵山木場登山口
    • 虚空蔵山登山:10時20分〜13時25分
    • 移動:往路を戻る。ただし、途中、嬉野温泉「シーボルトの湯」(旧「古湯温泉」)にて入浴・遅めの昼食
  • 日誌
    • この山は10年前嬉野登山口から往復したことがある。長崎県川棚町側に二つの登山口があるが、今回は木場登山口(他は岩屋登山口)から一部周回往復した。
    • 嬉野ICで長崎自動車道を降り、国道34号を大村方面へ少し走り、右折して県道106号に入る。虚空蔵山嬉野登山口への道を左に見てすぐの嬉野大茶の木駐車場辺りまではいい道だが、その先幅員が狭まり、やがて木場不動山線林道の曲がりくねった細い道を登る。峠を越え、少し下ると広域基幹林道に出合う。ここを左折し、5分くらいで木場登山口に着く。基幹林道は道幅も広く走りやすい(ただ、出合のすぐ先で小さな崖崩れのため10メートルほど幅員が狭くなっている)。
    • いかにも秋らしい好天で涼しく(登山口の気温26℃)、快適な山登りであった。しかし途中で道を間違い、20〜30分迷った。この日、登山者は私の他には40歳代のカップルさんだけだったが、この道迷いは我々3人連れだった(詳細は下記「登山記録」参照)。
    • 幸い事故もなく正規のルートに出ることができた。その後道は明瞭だが、「冒険コース」と名付けられただけあって、途中岩場のやせ尾根が続き、長い鎖場もあって面白い。山頂に到着すると、日が射しているものの涼しく(気温は恐らく25℃以下)、大変気持ちがよかった。また、登ってくる途中、眺望は全くなかったが、山頂からは360℃の展望が開ける。眺望を楽しみ、写真を撮ったり、カップルさんと山の話をしたりして40分も過ごした。
    • 下山は簡単で、安心・安全な方のルート(「家族連れコース」という)を通って登山口に戻った。休憩は取らず、下山時間は40分だった。
    • 帰路、嬉野大茶の木を見学した。さらに、嬉野温泉「シーボルトの湯」に寄って、温泉に浸かった後、遅めの昼食を摂った。
    • 楽しい秋山山行であった。

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ball_magenta2.gif 虚空蔵山登山記録
  • 天候:晴、登山口の気温26℃
  • 行程:木場登山口から一部反時計回り周回往復、全行程3時間5分、実歩行3.3km/2 時間20分、休憩等45分
  • コース地図・時間
  • 木場登山口10:20→[15分]→10:35旧道・新道分岐10:40→[途中道迷い(時間的ロス約20〜30分)を含め、55分]→11:35尾根出合→[やせ岩尾根の長い鎖場急登、25分]→12:00登山道出合・三叉路→[5分]→12:05虚空蔵山12:45→[15分]→13:00嬉野・木場への登山道分岐・三叉路→[10分]→13:10旧道・新道分岐→[15分]→13:25木場登山口

  • 登山状況
    • 登山口から登り始め、二つの砂防堤を過ぎると、道はゴロタ石が重なり歩きにくくなる。しかし、道の傾斜は穏やか、15分で旧道・新道分岐に着く。道標によると、旧道は「家族連れコース」で安全なコース、新道は「冒険コース」で「険しい道あり」とのこと。上りは新道、下りは旧道を歩くことにする。
    • 分岐を右折、少し下り気味にトラバースする。右急カーブの先、左に垂直の岩壁の基部を進む。その最鞍部、岩壁大岩の間の幅1メートルほどの隙間に、誰かが登ったような形跡がある。そのため、基部先の道を確認せず、この隙間を登ってしまった。
    • その高度差は10〜15メートルくらいだが、斜度は尋常ではない。恐らく70度前後だろう。さらに、登り始めから半分ほどまで手がかりになるものがない。おまけに落ち葉が積もり滑りやすい。ストックを利用しながら慎重に登った。
    • 中程から上には大小の木の根が両側の岩に張り付いており、大いに助かる。しかし、今度はストックが邪魔だ。上に置きながら登る内、1本が数メートル滑り落ちた。ここを下るのは非常に危険だが、何とか降りて拾い、登り続け、やっとの思いで岩壁の上に出た。上から見下ろして、この隙間の急傾斜にびっくりした。
    • この隙間を登る内に、40歳代と思われるカップルが基部に到着していた。あとで聞いたのだが、2人は川棚から来た、この山に登るのは初めて、ということだった。
    • 私がこの隙間を登り切ると、それを待って、2人も慎重に登ってきた。お互い「大変でしたね」と言い合った。しかし、このルートは私の間違いだったのだが、2人は私がこの隙間を登ったので、ついてきたらしい。申し訳ないことをした。
    • 断崖上は緩い尾根状だが、登山道が分からない。3人で辺りをうろつき、GPSのマップなどを見ながら正規ルートをさがした。女性は勘が鋭いのか、右下から「テープを見つけたよ」という奥さんの声が聞こえた。男性二人はヤブコギをしながら正規ルートに出ることができた。この道迷いの時間的ロスは20〜30分である。
    • 道間違い・道迷いと正規ルート
    • あとで、GPSのトラック記録、地形図などを参考にし、記憶をもとに今回の道間違い・道迷いと正規ルートの地図を作成した。ただし、断崖の大岩は予想であり、正規ルートは未確認である。
      :地図クリックで拡大。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)



    • その後のルートは明確。確かに「冒険コース」の名の通り、長いやせ尾根・岩場、「鎖場」などを登り、山頂に着いた。
    • 間もなくカップルさんも山頂到着。共に、秋を感じる山頂で眺望を楽しみ、話をしたりしながら40分、ゆっくり過ごした。
    • 二人より先に下山開始。嬉野・木場分岐まで、傾斜のきついところやロープ場はあるが、整備がよく、歩くのは安心・安全である。
    • その分岐から旧道・新道分岐までの旧道は、「家族連れコース」の名称通り、気楽に歩くことができる。木場登山口までは、ゴロタ石の道区間少し注意を要するが、難しい道ではない。

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ball_magenta2.gif アルバム
    :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)

    【木場登山口から虚空蔵山まで】

    20180905_kokuzosan_001.jpg
    20180905_kokuzosan_001.jpg
    県道106号からの眺め
    左のピーク、虚空蔵山
    20180905_kokuzosan_002.jpg
    20180905_kokuzosan_002.jpg
    県道を直進
    左折は嬉野側虚空蔵山登山口へ
    20180905_kokuzosan_003.jpg
    20180905_kokuzosan_003.jpg
    長崎県川棚町
    基幹林道出合を左折
    20180905_kokuzosan_004.jpg
    20180905_kokuzosan_004.jpg
    出合の先
    一部幅員減少
    ただし、10mほど
    20180905_kokuzosan_005.jpg
    20180905_kokuzosan_005.jpg
    木場登山口駐車地
    道幅が広くなっている
    10台ほど駐められそう
    20180905_kokuzosan_006.jpg
    20180905_kokuzosan_006.jpg
    虚空蔵山長崎県側登山道案内板
    ピンク:車で移動
    赤:今回登山経路
    20180905_kokuzosan_007.jpg
    20180905_kokuzosan_007.jpg
    駐車地のすぐ下
    立派なトイレがある
    20180905_kokuzosan_008.jpg
    20180905_kokuzosan_008.jpg
    登山口
     
    20180905_kokuzosan_009.jpg
    20180905_kokuzosan_009.jpg
    植林帶
     
    20180905_kokuzosan_010.jpg
    20180905_kokuzosan_010.jpg
    ゴロタ石の道になる
     
    20180905_kokuzosan_011.jpg
    20180905_kokuzosan_011.jpg
    旧道・新道分岐
    右の新道「冒険コース」へ
    20180905_kokuzosan_012.jpg
    20180905_kokuzosan_012.jpg
    右カーブの先に岩の断崖
     
    20180905_kokuzosan_013.jpg
    20180905_kokuzosan_013.jpg
    断崖の基部を下る
     
    20180905_kokuzosan_014.jpg
    20180905_kokuzosan_014.jpg
    テープがある
    さらに下る
     
    20180905_kokuzosan_015.jpg
    20180905_kokuzosan_015.jpg
    二つの大岩の間の狭い急坂
    必死の思いで上った
    しかしこれは間違いで、道に迷った
    20180905_kokuzosan_016.jpg
    20180905_kokuzosan_016.jpg
    断崖の上を歩き回り道探し
    少し先から右へヤブコギして下り
    正規のルートに出たところ
    この岩の間を通って来るようだ
    20180905_kokuzosan_017.jpg
    20180905_kokuzosan_017.jpg
    この道迷いを共にしたカップルさん
    3人連れだったからよかった
    先に行ってもらった
    あとで追い越し、先に山頂到着
    20180905_kokuzosan_018.jpg
    20180905_kokuzosan_018.jpg
    「寺屋敷跡」説明板
     
     
     
    20180905_kokuzosan_019.jpg
    20180905_kokuzosan_019.jpg
    急登
     
    20180905_kokuzosan_020.jpg
    20180905_kokuzosan_020.jpg
    坂の緩いトラバースの道
     
    20180905_kokuzosan_021.jpg
    20180905_kokuzosan_021.jpg
    尾根に出る
     
    20180905_kokuzosan_022.jpg
    20180905_kokuzosan_022.jpg
    岩のやせ尾根
     
    20180905_kokuzosan_023.jpg
    20180905_kokuzosan_023.jpg
    道標
    「鎖場」の予告
    20180905_kokuzosan_024.jpg
    20180905_kokuzosan_024.jpg
    岩場のやせ尾根、急坂
    「冒険コース」だ
    20180905_kokuzosan_025.jpg
    20180905_kokuzosan_025.jpg
    長い鎖場
    以下、No.28まで
    20180905_kokuzosan_026.jpg
    20180905_kokuzosan_026.jpg
    振り返り、見下ろす
     
    20180905_kokuzosan_027.jpg
    20180905_kokuzosan_027.jpg
     
     
    20180905_kokuzosan_028.jpg
    20180905_kokuzosan_028.jpg
     
     
    20180905_kokuzosan_029.jpg
    20180905_kokuzosan_029.jpg
    鎖場終点のすぐ先
    三叉路が見えた
    20180905_kokuzosan_030.jpg
    20180905_kokuzosan_030.jpg
    三叉路の道標
    右折、山頂へ向かう
    20180905_kokuzosan_031.jpg
    20180905_kokuzosan_031.jpg
    三叉路のもう一つの道標
    下山はこの指示に従い下る
    20180905_kokuzosan_032.jpg
    20180905_kokuzosan_032.jpg
    山頂直下の石段を上る
     
    20180905_kokuzosan_033.jpg
    20180905_kokuzosan_033.jpg
    三叉路から5分
    虚空蔵山山頂到着

    【虚空蔵山山頂、山頂から木場登山口まで】

    20180905_kokuzosan_034.jpg
    20180905_kokuzosan_034.jpg
    山頂の祠
    虚空蔵菩薩を祀る
    20180905_kokuzosan_035.jpg
    20180905_kokuzosan_035.jpg
    空にうろこ雲
    秋だ
    20180905_kokuzosan_036.jpg
    20180905_kokuzosan_036.jpg
    山頂にて
    カップルさんも到着
    20180905_kokuzosan_037.jpg
    20180905_kokuzosan_037.jpg
    南、大村湾
     
    20180905_kokuzosan_038.jpg
    20180905_kokuzosan_038.jpg
    南東、多良山地
     
    20180905_kokuzosan_039.jpg
    20180905_kokuzosan_039.jpg
    多良山地西端、郡岳
    ズームアップ
    20180905_kokuzosan_040.jpg
    20180905_kokuzosan_040.jpg
    多良山地の山々
    ズームアップ
    20180905_kokuzosan_041.jpg
    20180905_kokuzosan_041.jpg
    下山、三叉路通過
    嬉野温泉」のコースへ
    20180905_kokuzosan_042.jpg
    20180905_kokuzosan_042.jpg
    急坂の下り
    鎖の手摺設置で安心
    20180905_kokuzosan_043.jpg
    20180905_kokuzosan_043.jpg
    柵があり、安全
    「家族連れコース」である
    20180905_kokuzosan_044.jpg
    20180905_kokuzosan_044.jpg
    岩屋登山口への分岐通過
     
    20180905_kokuzosan_045.jpg
    20180905_kokuzosan_045.jpg
    自然林の中、急坂を下る
     
    20180905_kokuzosan_046.jpg
    20180905_kokuzosan_046.jpg
    ロープ場
     
    20180905_kokuzosan_047.jpg
    20180905_kokuzosan_047.jpg
    分岐、左折、木場登山口へ
    右は嬉野登山口への道
    20180905_kokuzosan_048.jpg
    20180905_kokuzosan_048.jpg
    植林帶の穏やかな道
    「家族コース」
    20180905_kokuzosan_049.jpg
    20180905_kokuzosan_049.jpg
    ただし、滑りやすいので要注意
     
    20180905_kokuzosan_050.jpg
    20180905_kokuzosan_050.jpg
    ゴロタ石が多くなる
     
    20180905_kokuzosan_051.jpg
    20180905_kokuzosan_051.jpg
    旧道・新道分岐通過
     
    20180905_kokuzosan_052.jpg
    20180905_kokuzosan_052.jpg
    上ってきた道を下る
     
    20180905_kokuzosan_053.jpg
    20180905_kokuzosan_053.jpg
    ゴロタ石の道
    登りより下りの方がやっかいだ
    20180905_kokuzosan_054.jpg
    20180905_kokuzosan_054.jpg
    やがて土の道
    歩きやすい
    20180905_kokuzosan_055.jpg
    20180905_kokuzosan_055.jpg
    最初の砂防堤
    登山口が近い
    20180905_kokuzosan_056.jpg
    20180905_kokuzosan_056.jpg
    ミズヒキソウ
     
    20180905_kokuzosan_057.jpg
    20180905_kokuzosan_057.jpg
    次の砂防堤
    登山口はすぐだ
    20180905_kokuzosan_058.jpg
    20180905_kokuzosan_058.jpg
    木場登山口到着
     
    20180905_kokuzosan_059.jpg
    20180905_kokuzosan_059.jpg
    帰路、嬉野の大茶の木見学
    その案内板
    20180905_kokuzosan_060.jpg
    20180905_kokuzosan_060.jpg
    駐車場
     
    20180905_kokuzosan_061.jpg
    20180905_kokuzosan_061.jpg
    この階段を上る
     
    20180905_kokuzosan_062.jpg
    20180905_kokuzosan_062.jpg
    大茶の木
     
    20180905_kokuzosan_063.jpg
    20180905_kokuzosan_063.jpg
    説明板
     
    20180905_kokuzosan_064.jpg
    20180905_kokuzosan_064.jpg
    茶の木の実
    なるほどツバキの実に似ている
    20180905_kokuzosan_065.jpg
    20180905_kokuzosan_065.jpg
    周辺には茶畑が多い
     
    20180905_kokuzosan_066.jpg
    20180905_kokuzosan_066.jpg
    嬉野温泉、「シーボルトの湯」
    大衆浴場、旧「古湯温泉」

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ao4.gif「山行記録―長崎県―」へ戻る

ao4.gifホームページへ戻る