山行記録

背振山

椎原峠−背振山縦走

―2012年7月8日(日)―

ao4.gifホームページへ戻る

ao4.gif「山行記録―福岡県―」へ戻る


ball_magenta2.gif 山行概要
  • 山名・ピーク・ポイント(読み方、標高):背振山(せふりさん、1055m)
  • 県名/山地・山群・地域など:福岡県/背振山地
  • 山行期日:2012年7月8日(日)
  • 日程
    • 移動:8:40県道136号椎原村道入口駐車場(集合)8:45→[村道・林道]→8:55船越橋・車谷登山口駐車地9:05
    • 登山:福岡県側椎原車谷駐車地から、椎原峠コース経由、反時計回り一部往復周回縦走、9:05〜15:40、6時間35分
    • 移動:車谷登山口駐車地15:50→[林道・村道]→16:00椎原村道入口駐車場(解散)16:20
  • 備考
    • 油山会定例山行:参加者8名
    • 登りはじめから背振山頂までは曇り空であったが、下山は晴、出発地点に戻る頃には快晴。尾根に出ると、大陸高気圧の涼しい北風が吹き抜け、日射しもないため、快適な歩きを楽しめた。よい加減の天候であったと言える。
    • 数日前の大雨の後のため、車谷ルートの渡渉箇所を心配し、CLさんは椎原峠からのルート設定に悩んでいたが、谷の水も引いているはずということで、計画通り背振山頂に登り、車谷を降りることになった。結果的には、徒渉地点も無事こなし、全員事故なく車谷を降りきった。
    • 日曜日、久し振りのよい天気ということで、かなりの登山者と出会った。若い人たち、山ガール・山ボーイの多いのが目立った。それに比べて我がチームは……。しかしながら、山の知識と歩行距離は遜色なし。皆さん元気に山登り、でした。大したものです。
ball_magenta2.gif 山行・登頂記録

      :画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)


      (注:椎原峠コース登山口から椎原峠までの一部は、GPSの通信が悪く、kenta山人が補正した。)
  • 概要
    • 天候:曇り、のち晴れ
    • 行程:福岡県側椎原車谷駐車地から、椎原峠コース経由、反時計回り一部往復周回縦走、全行程6時間35分、実歩行5時間39分
  • 詳細
    椎原車谷駐車地9:05→[椎原峠コース経由、1:20]→10:25椎原峠10:35→[35]→11:10唐人の舞分岐→[22]→11:32「賽の河原」(昼食)12:00→[15]→12:15矢筈峠→[車道歩き、15]→12:30県道305号出合→[12]→12:42背振山公園駐車場12:45→[10]→12:55背振山13:00→[07]→13:07背振山公園駐車場13:12→[20]→13:32矢筈峠→[車谷コース、43]→14:15休憩14:20→[40]→15:00林道出合→[40]→15:40椎原車谷駐車地
  • 備考
    • 駐車地から林道を歩いて登山口へ、そこから谷筋を椎原峠へ向かう。少し先の鬼ヶ鼻直登コース分岐を過ぎ、谷川に沿って登る。谷川の水は澄んでおり、水量もたいしたことない。これを見て、車谷の下りも大丈夫だと思った。
    • 途中大規模な伐採が行われていた。広大な植林地の木々が切り払われ、うずたかく積まれていた。山肌は羽をむしられた鶏のようで、何とも痛ましい。一同声なく、ただ見回すのみ。伐採後は自然に任せ、再び雑木の茂ることを願う。
    • 気を取り直して、狭くなった谷を登る。谷川も細くなり、やがて消え失せ、えぐれた登山道から椎原峠に飛び出す。ここで休憩、これからのルートについて協議、計画通り背振山頂を目指すことに。
    • 尾根の縦走路はガスがかかると神秘的・幻想的、晴れると明るい道となる。北の福岡側から涼しい風が吹き上がり、何とも気持ちがいい。尾根歩きを楽しみながら、いわゆる「賽の河原」の花崗岩の風化地点に到着、曇り空で日射しもないので、昼食にした。
    • 登山道から、気象台ドームへの車道に出て矢筈峠を通過、山頂直下へ延びる県道305号出合を右折、少し佐賀県側へ下る。県道から左の登山道に入り、すぐ上を走る背振−蛤岳縦走路に合流、左折してコンクリート階段を上れば背振公園駐車場に到着。多くの車が駐まっていた。
    • 私を除いてメンバーはここにリュックを置き山頂へ。一人の会員が留守番をしてくれた。山頂では幾分か空が晴れ、展望もまあまあ、記念写真を撮って、駐車場へ戻って下山開始。今度は公園を通って小さく周回、県道を横切って気象台ドームへの車道へ、矢筈峠まで戻る。そこから、長い車谷コース。
    • 数個所の徒渉は幸い増水もなく、無事クリアしたが、少々時間がかかった。林道出合から下は楽な歩きである、これは冬期と同じ。しかし、車谷コースは長く、歩き甲斐がある。駐車地に着いた時はほっとする。
    • 到着後軽くストレッチをして、車2台に乗って集合場所に戻り、解散。


  • 画像

    :各画像をクリックすれば大きな画像になります。各ブラウザの「戻る」ボタンでこのページへ。)
    120708_sefuri_0001.jpg
    120708_sefuri_0001.jpg
    椎葉・車谷登山口駐車地
    準備・ストレッチ後、出発
    120708_sefuri_0002.jpg
    120708_sefuri_0002.jpg
    車道歩きして
    椎原峠登山口
    120708_sefuri_0003.jpg
    120708_sefuri_0003.jpg
    鬼ヶ鼻直登コース分岐
    椎葉峠コース、直進
    120708_sefuri_0004.jpg
    120708_sefuri_0004.jpg
    谷川に沿って進む
    120708_sefuri_0005.jpg
    120708_sefuri_0005.jpg
    伐採地帯に出る
    120708_sefuri_0006.jpg
    120708_sefuri_0006.jpg
    林道でしばし休憩
    広い伐採地に唖然
    120708_sefuri_0007.jpg
    120708_sefuri_0007.jpg
    林道を横切り再び登山道
    120708_sefuri_0008.jpg
    120708_sefuri_0008.jpg
    狭い谷川沿いの道
    120708_sefuri_0009.jpg
    120708_sefuri_0009.jpg
    深くえぐれた登山道
    峠は近い
    120708_sefuri_0010.jpg
    120708_sefuri_0010.jpg
    椎原峠
    120708_sefuri_0011.jpg
    120708_sefuri_0011.jpg
    縦走路を進む
    ガスが出て神秘的
    120708_sefuri_0012.jpg
    120708_sefuri_0012.jpg
    北側から涼しい風
    気温が低い
    120708_sefuri_0013.jpg
    120708_sefuri_0013.jpg
    ヤマツツジに癒やされる
    120708_sefuri_0014.jpg
    120708_sefuri_0014.jpg
    「賽の河原」にて
    ここで昼食
    120708_sefuri_0015.jpg
    120708_sefuri_0015.jpg
    車道にて
    トラノオ
    120708_sefuri_0016.jpg
    120708_sefuri_0016.jpg
    しばらく車道歩き
    120708_sefuri_0017.jpg
    120708_sefuri_0017.jpg
    山頂自衛隊基地への車道
    少し下る
    120708_sefuri_0018.jpg
    120708_sefuri_0018.jpg
    左折して登山道へ
    背振−蛤岳縦走路に出る
    120708_sefuri_0019.jpg
    120708_sefuri_0019.jpg
    背振山山頂にて
    気温16度、涼しい
    120708_sefuri_0020.jpg
    120708_sefuri_0020.jpg
    下の駐車場にて
    120708_sefuri_0021.jpg
    120708_sefuri_0021.jpg
    下山は公園内登山道
    120708_sefuri_0022.jpg
    120708_sefuri_0022.jpg
    木製の橋・歩道が湿っている
    滑って危険、慎重に進む
    120708_sefuri_0023.jpg
    120708_sefuri_0023.jpg
    車道に出る
    矢筈峠まで戻る
    120708_sefuri_0024.jpg
    120708_sefuri_0024.jpg
    ヒオドシチョウ
    学名 Nymphalis xanthomelas
    120708_sefuri_0025.jpg
    120708_sefuri_0025.jpg
    車谷を下る
    120708_sefuri_0026.jpg
    120708_sefuri_0026.jpg
    休憩
    120708_sefuri_0027.jpg
    120708_sefuri_0027.jpg
    長い下り
    120708_sefuri_0028.jpg
    120708_sefuri_0028.jpg
    ヤマアジサイ
    120708_sefuri_0029.jpg
    120708_sefuri_0029.jpg
    森の中を下る
    120708_sefuri_0030.jpg
    120708_sefuri_0030.jpg
    休憩
    この谷の下りは、長い
    120708_sefuri_0031.jpg
    120708_sefuri_0031.jpg
    やっと降りきって
    120708_sefuri_0032.jpg
    120708_sefuri_0032.jpg
    駐車地へ
    到着!

ao1.gifこのページのトップへ戻る

ao4.gifホームページへ戻る

ao4.gif「山行記録―福岡県―」へ戻る


Copyright © 2012 Kengo Tachibana, All rights reserved.
Created: July 09, 2012
Updated: July 09, 2012